2007年06月22日

マグダラのマリアは南仏マルセイユで没した?

「ダヴィンチ・コード」が映画化され、話題になりましたが、今度は、マグダラのマリアに関する話です。「ディスカバリーチャンネル」で、日本でも6月24日に「キリストの棺(ひつぎ)」と題する米国人製作のドキュメンタリーがあります。これは、エルサレム郊外でキリストやマグダラのマリアの骨ではないか、と思われるものが見つかったとしている記録映画です。

実は、このドキュメンタリー3週間くらい前にフランスで放映されたので観ました。真偽のほどはわかりません。。

団地の隅っこにあるコンクリートの蓋を取って、中にカメラを持ち込んで撮影もし、DNA鑑定もしていました。

〜続き〜
posted by マダム・エスカルゴ at 00:12 | パリ ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | フランス観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

マルセイユ観光・必需品【ル・シティー・パス】

南仏の古代都市マルセイユに、観光で来られる方は、
【ル・シティー・パス】(Le City Pass) 
マルセイユ観光局でぜひ買ってから、マルセイユ観光をスタートしてください。とってもお得です。

【ル・シティー・パス】(Le City Pass)
2007年のお値段は、
1日券 20ユーロ
2日券 27ユーロ

観光局では、現金、トラベラーズチェック、
VISAカードとマスターカードが使えます。

上記【ル・シティー・パス】料金に含まれているもの

1.マルセイユ地下鉄・バス・トラム料金
2.市内14の美術館の入場料
3.ミニ電車(旧港〜ノートルダム寺院間)料金
4.ミニ電車(マルセイユ陶器美術館 Musée de la Faïence)
5.イフ城へのフェリーとイフ城内見学料
6.ロクシタン l'Occitane マルセイユ石鹸などの店舗で10パーセントの割引き
7.劇場、スタジアムでの割り引き
8.市内のレストランなどでの試飲・試食と割り引き

マルセイユ観光局オフィシャルサイト
 
posted by マダム・エスカルゴ at 02:38 | パリ ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

プロバンス生れ 子猫のお守り

マルセイユであったM従兄の娘の結婚式の日から、
2週間近く預かっていた子猫が
やっと新しい飼い主の所に行って
ホッとしているマダム・エスカルゴーです(笑)。

生後7週間くらいのオス猫で、Mの実家で生まれました。
たった一匹しか生まれなかったそうです。

なにせ、実家のメス猫3匹は長生きしていて、
みんなおばあちゃんなのです。

目が青くて、シャム猫が混ざったような
とても愛くるしい子猫ちゃんで、
「ケンゾー KENZO」という名前を
Mが勝手につけて呼んでいました(笑)

〜続き〜
posted by マダム・エスカルゴ at 02:38 | パリ | Comment(4) | TrackBack(0) | フランスで動物愛  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

マルセイユ 結婚式に行って来た!

先週、土曜日は、前回お話したMの従兄の娘の結婚式
よばれて 午後から行って来ました。

帰宅は、翌朝、日曜日の朝の3時すぎでした(^^ゞ

披露宴は、まだ終わっていなかったのですが、
日曜日は予定もあったので
夜中の2時ごろ、新郎新婦と
招待してくれた新婦の家族にあいさつして、家路へ。

〜続き〜
posted by マダム・エスカルゴ at 21:24 | パリ 🌁 | Comment(10) | TrackBack(1) | フランス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

マルセイユ 明日は結婚式

明日の土曜日、親戚の結婚式がマルセイユ市内であり、よばれています。夜の披露宴というのか、お食事だけかと思って気軽に考えていたんです。ところが、今日 時間を聞いたら、なんと午後1時から。。。。ダハハ・・

市役所で結婚式
↓ 
教会(カトリック)での挙式。
↓  
アペリティフ(簡単な立食パーティー)、

正式なお食事会が結婚披露宴専門のあるシャトーであるとか。。

それで、今、とってもユウウツになっているマダム・エスカルゴーです。

>>>続きを読む>>>
posted by マダム・エスカルゴ at 00:00 | パリ ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | フランス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

フランス大統領になったニコラ・サルコジという男

きのう、16日(水)、テレビの生放送で、ニコラ・サルコジ、フランス第5共和国 第6代大統領 就任式を観ました。

マダム・エスカルゴーが注目したのは、夫人のセシリアさんとの関係!

サルコジさんが、セシリアさんの頬を手の平でやさしく撫でたシーンがあったのですが、その瞬間、奥さんの瞳に、さっと嫌悪感がみなぎって、横を向いてしまいました!
〜続き〜
posted by マダム・エスカルゴ at 00:00 | パリ | Comment(0) | フランスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

マルセイユ ノートルダム・ド・ラ・ガルド寺院のモザイク

マルセイユ・ノートルダム・ド・ラ・ガルド
きのうから天気が荒れている南仏です
(フランス全土雨か曇り)

マルセイユ市内にあるノートルダム・ド・ラ・ガルド(守護聖人)寺院
(Basilique Notre Dame de La Garde) 。
前にブログで書きましたが
マルセイユ輝くシンボル〜ノートル・ダム・ド・ラ・ガルド寺院

今日のお昼のニュースでモザイクの壁画の修復をやっていました。
このモザイク、色を求めて、責任者が、イタリアのベネッチアまで探しに行ったんです。
ベネッチアまで取材班同行。

>>>続きを読む>>>
posted by マダム・エスカルゴ at 00:00 | パリ ☀ | Comment(0) | フランス観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

英語をしゃべりたがるフランス人

10102006M.JPGえっ〜??? そんなフランス人いるの??? なんて思った人もいるでしょう? いるんですよ! っていうか、わたしの周りだけ???(苦笑)
  最近、続けて3人、英語をしゃべりたがるフランス人に会ったのですよー(^_-) そのうち二人はお店の人。残り一人は、知り合いの奥さん。今日は、そのお話。

  お店の人、一人目は、カルフール(スーパーマーケット)のおにいさん。広い店内、食器洗いの洗剤を探してまくって、売り場をあちこちショッピングカートを押しながら、歩きまわっても見つからず、困り果てていた時に、やっと店員さんに巡りあえて(笑)。広いのでネ、店員さんもなかなかいません。

  >>>続きを読む>>>
posted by マダム・エスカルゴ at 10:10 | パリ | Comment(15) | フランス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

女性シェフ3つ星 2007年ミシュラン

large_346785.jpg  きのう、2月21日、2007年版ミシュランガイドブックが発売されました。そこで注目されたのは、2つ星から今年3つ星になった女性シェフ、アンヌ=ソフィー・ピックさん(Anne-Sophie Pic)37歳です。
  マダム・エスカルゴーは、動物愛から、ベジタリアン目指している?ので(^^)、今では、美食の世界とは縁遠いのですが、女性の快挙ということで、この話題を取り上げました。
  女性シェフでミシュラン3つ星を獲得したひとは、アンヌ=ソフィー・ピックさんを含めると4人です。さらに、1951年以来の獲得なので、なんと56年ぶりに女性シェフがミシュラン3つ星を獲得したことになります。
  
  アンヌ=ソフィー・ピックさんは、ドローム県ヴァランスにある創業1889年の「ラ・メゾン・ピック(La maison Pic)」の4代目シェフです。Relais & Châteaux加盟のホテル&レストランです。祖父、父、彼女と3代に渡ってミシュランの3つ星を獲得したのですよー!!!すごーい!
  それも、1992年にお父さんが亡くなると、「ラ・メゾン・ピック(La maison Pic)」は、ミシュランの星をすべて失います。ゼロからスタートして、15年かかって、ミシュラン3つ星を取り戻したんですよ。
  全文表示
posted by マダム・エスカルゴ at 03:10 | パリ ☁ | Comment(16) | フランスの食文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

猫の魔力〜猫の魔法にかかった

0110192006.JPG今日はちょっと怖いお話をするので。。ホラーなど苦手なひとは読まないほうがいいです。。。なぁーんて、冗談! でもちょっと不思議な話です。
  実は、うちの次女猫トロペちゃんのことです。先日、M夫とわたしは、朝早くから1日中お出かけすることになっていました。それで、2日前から、トロペちゃんに言い聞かせていたのです。「ママとパパは、お出かけして1日中ずっといないからね。。トロペちゃん、ひとりで淋しいだろうけど、いい子で待っているんだよ。いいかい。。わかった? わかったねぇ?」と3回くらい言葉に出して言い聞かせました。すると。。。
  
全文表示
posted by マダム・エスカルゴ at 23:14 | パリ 🌁 | Comment(7) | フランスで動物愛  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
#container{ margin:0px auto 0px auto; width:800px; font-size:12px; }
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。