2007年10月03日

パリ一泊33ユーロ朝食付

パリ一泊33ユーロ朝食付きの宿泊所。先日フランスのテレビ局 France2の番組で紹介していました。

節約・倹約旅行者に大人気のパリのホステルです。ホテルではありません、念のため。世界中の有名ガイドブックで絶賛。若者に大人気。実際は、若くなくても泊まれます(年齢制限なし)(笑)。日本の『地球の歩き方』でも紹介されているようです。パリ留学生のかたで部屋が見つかるまでの宿泊所に使えますよね。

テレビで見ましたが、シャワー室など、すべてとても清潔でした。

MIJE (エム・イー・ジェー・ウ[ユ])
(les Maisons Internationales de la Jeunesse et des Etudiants)

パリ4区(マレ地区)にあるホステル(3つ)の名前です。

MIJEの3つのホステルは、どれも、かつて17世紀の貴族の館だった建物を改装したものです。

〜続き〜
posted by マダム・エスカルゴ at 23:43 | パリ ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

南仏名物ミストラルは地方風

昨日から、プロバンス名物ミストラルが吹き始めました。
日本はまだ暑いそうですが、南仏は、暖かめの秋です。

だから、ミストラルがピューピュー吹くと寒いです。
ピューピューというよりは、ゴーゴーですね(笑)

ミストラルは季節風ではないですよ。
ミストラルは1年を通して吹いています。

アルプスの山の上空から来る風です。
ローヌ渓谷を駆け抜けて来ます。

〜続き〜
posted by マダム・エスカルゴ at 00:00 | パリ ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 南仏の四季 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

"Adieu!" フランスの縁切り言葉

フランスのテレビドラマやフランス映画でよく、
男と女の別れのシーンなんかで使われている言葉。。。 

それは、アジュー「adieu」です。

アジューって言われたら、もう終わり!
今後一切、あんたに会わない、関わり合わない、
何があっても、あんたとは関係ない!
永久にさようなら!という意味です。
スッパリ切るということ。
〜続き〜
posted by マダム・エスカルゴ at 00:00 | パリ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス語・仏語・フラ語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

ジプシー・キングス

framencodress.jpgジプシー・キングス(Gipsy Kings)、実は大ファン。
彼らの音楽を聴くと血が騒ぐ?!(笑)

前世のどこかでジタン(ジプシー)だったのではないか、と思ったりも。男ではなくて、女だったような気が。。

ジプシー・キングスってアルル出身のジタン一家とモンペリエ出身のジタン一家の二家族でグループを作っているみたいですね。

2007年のジプシー・キングスツアー、8月は、アメリカ。
フランス公演は、7月21日のニース・ジャズフェスティバルだけだったようです。


〜続き〜
posted by マダム・エスカルゴ at 00:00 | パリ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

ゴッホとサント・マリー・ド・ラ・メール

icecream.jpgゴッホも、この町サント・マリー・ド・ラ・メールを訪れたことがあるのです。ゴッホは、その時、初めて地中海を見て、美しさに感動したそうです。

1888年(明治21年)6月初めごろ、アルル滞在中(1888年2月-1889年5月)に、ゴッホは、この町を訪れ、5日間滞在したとのこと。死の2年前のことでした。


〜続き〜
posted by マダム・エスカルゴ at 00:00 | パリ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

南仏 サント・マリー・ド・ラ・メール

聖女サラ〜ジプシー伝説のお話です。
先日、サント・マリー・ド・ラ・メール(Saintes Maries de la Mer)に ちょこっと行って来ました。

eglise2.jpg

サント・マリー・ド・ラ・メールという町は、13番のブッシュ・ド・ローヌ(Bouches-du-Rhône)県にあり、アルルから近いです。

サント・マリー・ド・ラ・メールとは、「聖なる海のマリアたち」という意味で、イエス・キリストにまつわる伝説からつけられました。

サント・マリー・ド・ラ・メールは、カマルグ(Camargue)という西ヨーロッパ最大のデルタ地帯(930 km²。佐渡島854.88km²よりやや広い。琵琶湖670.33km²)にあり、フランス国内(海外県を入れない)では、アルルに次いで、2番目に広い面積 374.61 km²(阿寒湖 面積380km²)を持つ町です。

フランスのオプショナルツアー



〜続き〜
posted by マダム・エスカルゴ at 00:00 | パリ 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | フランス観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

南フランスの女流写真家マーティン・アンシオー

martinanciaux4.jpgガール県(ニームがある県)に住むマーティン・アンシオー(Martin Anciaux)という女流写真家の個展に行きました。

マーティンは、小さな子供の頃から写真を撮り始めて、ずっと撮り続けているそうです。今では、写真を超えたアートも手がけています。写真を使って、コンピューターでそれに色をつけたり、形を変えたりして、ひとつのアートに仕上げています。今回の個展では、どちらも見れました。
〜続き〜
posted by マダム・エスカルゴ at 21:13 | パリ ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | フランスアート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

Aix en Provence発 辺鄙な所へのツアー

Aix en Provence 観光局のサイトを見ていたら
こんな便利な日帰りツアーを見つけました。
http://www.aixenprovencetourism.com/aix-excursions.htm
・リュベロンの村々への旅(ラコストもあり)
・セザンヌのゆかりの地を訪ねる旅
・レボーを訪ねる旅
・カマルグやセントメリードラメールを訪ねる旅
・サンレミドプロヴァンス&アヴィニョンを訪ねる旅
・ラベンダー街道の旅
・マルセイユ市内観光
・セナンク、ゴルド(Gordes)、ルシヨン(Roussillon)
 ルールマラン(Lourmarin)周遊

などなど、曜日やシーズンで色々あります。

ヨーロッパ旅行で得する人、損する人、その違いとは!?


〜続き〜
posted by マダム・エスカルゴ at 23:05 | パリ ☁ | Comment(6) | フランス観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

南フランスにて光の瞑想再開

南フランスは光があふれています。。この「光の瞑想」は、日本にいた時には、ほぼ毎日やっていたのですが、特に、フランスに引っ越して来てから、ほとんどやっていませんでした。。

mixiのマイミクさんの影響で、2週間以上前に再開しました。その人は、天使とつながっている人で、天使のまぶしい光がときたま見えたり、何らかの形で天使からメッセージが来るのだそうです。

とっても、怪しいと思った方もいるでしょうが(笑)。マダム・エスカルゴーは、「とっても怪しい世界」もたくさん体験しているので、自分でピンと来たことは、受け入れるのです。

たぶん、そのマイミクさんを通じて、天界の高次のエネルギーが私に流れ込んできたものと思われます。その高次の微細なエネルギーの作用で、再び、瞑想に目覚めたのでしょう。

〜続き〜
posted by マダム・エスカルゴ at 03:31 | パリ ☀ | Comment(10) | TrackBack(0) | フランスでスピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
#container{ margin:0px auto 0px auto; width:800px; font-size:12px; }
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。