2015年01月08日

ルーブル美術館 無料で楽しんだ 2015年新春 第一日曜日

ルーブル美術館に先月の無料日に引き続き、年明けて、再度訪れる。今回は風邪で臥せってしまった夫を置いて、パリの友人K子と二人だけ。冷たい妻かもしれない・・・しかし、家に一日中こもっているのも気詰まりだし、風邪うつされたくないし。

常設展は通常12ユーロが無料。特別展は有料で13ユーロ、18歳未満は無料、地下2階ナポレオンホールにて。

CIMG2142.JPG

10月から3月までの半年間、第一日曜日、フランスの国立美術館・博物館は無料。

先月、12月の第一日曜日、久々にルーブル美術館訪問。9時の開館ぎりぎりに着いたが、地下入り口だったので、並ばずするすると入れた。すぐにモナリザ目指す。朝一番だったので、まだ人だかりが少なく、ロープの一番前で小さなモナリザの絵を鑑賞でき、おまけにモナリザ背景で、記念撮影もできた。

今回は、インフォメーションで、常設展のお勧めを聞く。新設の中世、ルネサンス、17・19世紀工芸品とのこと。前回観たと思ったが、他に特に観たいものがなかったので行く。途中でやっぱりここ来たと思い出すが、前回見落としたものもあり、やはり感動。豪華絢爛な工芸品、何度観てもステキ。満足。

9時から12時まで、ルーブル・リシュリュー翼2階を満喫。半地階のカフェで持参のフルーツを食べる。サンペリグリノを買ったら、50ccが3.40ユーロ、500円くらいした。

3時間で充分なルーブル美術館。外の行列が1キロメートル以上続いていたので、午後から混んだことでしょう。その前にさっさと観てチュイレリー公園に行ったのは正解。

CIMG2135.JPG

ルーブル美術館の入り口は全部で4箇所ある。なぜ、ほとんどの人は一番混む、地上階ピラミッドの中央入り口から入ろうとするのか。不思議。パリ1月初めの寒い屋外で1時間から2時間も入場を待つなんて・・・

日本だったら、マイクロホンを持った警備員が空いている入り口に誘導する。ルーブルの責任者は行列の人に無慈悲なのか。入り口の位置は美術館見取り図にきちんと記載されているって!?確かにごもっとも。でもこの地図、入場しないともらえないんですけど^^;
posted by マダム・エスカルゴ at 07:09 | パリ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | パリ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

パリ9区オペラ座界隈

オペラ座界隈
パリ9区のオペラ座界隈・・
白くて優雅でステキなアパルトマン。

ゴーモン・オペラ(Gaumont Opera)
パリオペラ座近くにある映画館「ゴーモン・オペラ(Gaumont Opera)」同時に7本の映画を上映しています。

オペラ座
パリ9区のオペラ座(1875年完成)。もともとはガルニエ宮と呼ばれていました。1989年12区バスティーユの新オペラ座が完成したので、現在では、主にバレエ公演がおこなわれています。

オペラ座
映画やミュージカルで知られている「オペラ座の怪人」は、このパリのオペラ座が舞台になっています。原作はフランスの作家ガストン・ルルーで、1910年に発表された小説です。

posted by マダム・エスカルゴ at 07:07 | パリ ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | パリ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

パリ1区ルーブル美術館

パリ1区ルーブル美術館
パリ1区にあるルーブル美術館は、火曜日が休みです。
火曜日に行き、閉館でがっくりしたことがあったので、念のため。
2009年祭日のための休館日は、1月1日、5月1日と12月25日の3日間だけです。毎月第1日曜日は無料です。水曜日と金曜日は夜10時まで開いています。

入場は地上のピラミッドのところからでなく、地下入り口が早いです。地下鉄から直結しているので、地下鉄利用の場合、1番線パレ・ロワイヤル(Palais-Royal)下車、7番線ミュゼ・デュ・ルーヴル駅(Musée du Louvre)下車です。

地下鉄直結のルーブル美術館通路にはルーブル美術館直営のブティックがあります。郵便局もすぐそばにあります。セキュリティーチェックも空いていて、すぐ通過できます。上のピラミッドの入り口でのセキュリティーチェックは混んでいるので、並びます。雨が降っていたり、かんかん照りで暑い時はつらいので、ぜひ地下道を利用していただきたいです。

入場券は、地下道から入ったところすぐのブティックで買わないで(並んでいる)ルーブルの中に入れば、入場券自動販売機(クレジットカードのみ)←これは並ばなくていい、入場券売り場がぐるりと4隅にあるので、一番空いているところに行くと早いです。


ミロのヴィーナス

モナリザ ジョコンダ
夏は人が多くて・・・(苦笑)おまけにロープが張ってあって近づけないので、写真は、一眼レフのいいカメラじゃないとうまく撮れませんねぇ。。残念!

ナポレオンの戴冠

posted by マダム・エスカルゴ at 21:09 | パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | パリ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

パリ・リヨン駅(SNCF)

パリ・リヨン駅,SNCF
パリの8月。パリに住んでいる人はみんなパリを離れて南へ。
TGV待ちの人でとても混んでいました。

パリ・リヨン駅,SNCF
1901年開業のル・トラン・ブルー(青列車)というレストラン。
映画「ニキータ」の撮影で使われたことでも有名。
お値段は場所柄高い!駅構内のお店はみんな高いです。

パリ・リヨン駅,SNCF
posted by マダム・エスカルゴ at 05:42 | パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | パリ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

パリ・シャンゼリゼ・凱旋門

パリ・シャンゼリゼ・凱旋門
パリのこの凱旋門(がいせんもん)が大好きです。
今回は屋上に行きませんでしたがここからの眺め、最高。

オスマン男爵のパリ改造で、この凱旋門から道が放射状に広がりました。見事なながめ。

パリ・シャンゼリゼ・凱旋門

posted by マダム・エスカルゴ at 12:00 | パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | パリ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

パリ セーヌ川の風景

パリ、8月というのに曇って涼しすぎ。
水のある街の風景ってステキ。

パリ セーヌ川
パリのセーヌ河岸はユネスコ世界遺産に登録されています。
現在のパリの街並みは19世紀に造られています。
オスマン男爵という当時の政治家が大胆に改造しました。

パリ セーヌ川
バトー・ムーシュ( Bateaux Mouche)。
パリの観光客向け遊覧船。
ムーシュとはフランス語で虫のハエ。
この船のムーシュは、船が造られた
リヨンのムーシュ地区にちなんで
名付けられたそうです。

IMG_5703.JPG
セーヌ川にかかる橋はどれも歴史の重みを感じる。

posted by マダム・エスカルゴ at 12:00 | パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | パリ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

パリ・ギャラリーラファイエット「今年の男」

パリのギャラリーラファイエット。
そこのメンズ館の「今年の男」に選ばれた
日本人作曲家、三宅純(みやけじゅん)さん。
パリ ギャラリーラファイエット 三宅純
三宅純さんは、元々、ジャズ・トランペッター。
2005年の秋からパリ在住。

パリ ギャラリーラファイエット 三宅純


posted by マダム・エスカルゴ at 12:00 | パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | パリ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

パリ8区シャンゼリゼ通りオレンジ色のレストラン・カフェ

シャンゼリゼ大通りの歩道にカフェが・・・
オレンジ色の傘がおしゃれ
パリシャンゼリゼ
シャンゼリゼの「ビストロ・ローマン(Bistro Romain)」。
チェーンのレストラン。
パリシャンゼリゼのビストロローマン

イタリア料理がメイン。フォアグラなどのフレンチもあり。
前菜、メイン、デザートのコースが19.90ユーロ。
シャンゼリゼでこの値段は安い!
posted by マダム・エスカルゴ at 00:00 | パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | パリ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

パリの夏6区リュクサンブール公園

parisjardinduluxembourg1

parisjardinduluxembourg2
マリー・ド・メディシスの泉

parisjardinduluxembourg3

parisjardinduluxembourg4

parisjardinduluxembourg5
リュクサンブール宮殿
現在は、元老院(上院)。

parisjardinduluxembourg6

リュクサンブール公園はパリ市内で一番大きい公園です。
日比谷公園の1.4倍。1614-1631年にかけて造られました。
造ったのは、マリー・ド・メディシス王妃。
フランス国王アンリ4世の王妃、ルイ13世の母。

子供たちものびのびと遊べる気持ちがいい公園。
親子連れが多いです。子供用の遊び場もあります。


posted by マダム・エスカルゴ at 09:00 | パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | パリ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

パリ6区オデオンのカフェ・レストラン、ブラッスリー

パリ6区オデオンのカフェ・レストラン、ブラッスリー
パリ6区のカフェでなにやらいっしょうけんめいお勉強?

パリ6区オデオンのカフェ・レストラン、ブラッスリー

Le Comptoir du Relais
ル・コントワール・デュ・ルレ
9 Carrefour de l'Odeon
75006 PARIS - FRANCE
01 43 29 12 05
予算:30〜40ユーロ程度

7月8月以外、ランチタイム、行列ができるブラッスリーだそうです。

パリ6区オデオンのカフェ・レストラン、ブラッスリー

オーランド・ブルームが去年の夏お母さんとお忍びで来て、テラス席で食事をしたというカフェ・レストラン。ジャーナリスト、俳優、政治家の客が多いところだそうです。お値段もそれなりに高く、定食はなし。

Les Editeurs
レ・ゼディター
4, Carrefour de l'Odeon
75006 PARIS - FRANCE
01 43 26 67 76
予算:60〜100ユーロ程度

posted by マダム・エスカルゴ at 12:00 | パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | パリ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

パリといったらエッフェル塔でしょう!

pariseffel1.JPG


パリのエッフェル塔は
東京タワーのように真っ赤でないのがいい。
抑えた色が上品。
今年120歳の彼女は
ヴィエイユ・マドモアゼルと呼ばれてもいる。
英語でいえば、オールドミス・・・・
フランス語でいうとなんともお上品で文学的な響きが・・・(笑)

pariseffel2.JPG
posted by マダム・エスカルゴ at 09:00 | パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | パリ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
#container{ margin:0px auto 0px auto; width:800px; font-size:12px; }
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。