2009年11月25日

フランスの恋〜ミシェル・サルドー「恋の病」 Michel Sardou - La Maladie D'amour

ミシェル・サルド−「恋の病」、Michel Sardou - La Maladie D'amour(ラ・マラディー・ダムール)。この歌はズバリ【癒しの歌】です(笑)。「恋の病」にかかっている人、かつて、「恋の病」にかかり傷ついたことがある人、そして、今でも「恋の病」から立ち直れないでいる人に捧げられた歌です。この曲が心の奥深くから暗い思いを光の世界に引っ張り出してくれて、溶かしてくれます。なんちゃって(^_-)

初めてこの歌を聴いたとき、感動で涙が出たほどです。フランス的な美しい調べと歌詞。力強く、誇り高く、美しく、生命力と生きる喜びに満ちあふれている。その調べが「恋の病」で打ちのめされ、傷ついた心の奥底までしみ込んで、生きる喜びを呼び覚ましてくれる!


〜続き〜
タグ:恋の病
posted by マダム・エスカルゴ at 09:12 | パリ | Comment(1) | TrackBack(0) | フランス音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

ジプシー・キングス

framencodress.jpgジプシー・キングス(Gipsy Kings)、実は大ファン。
彼らの音楽を聴くと血が騒ぐ?!(笑)

前世のどこかでジタン(ジプシー)だったのではないか、と思ったりも。男ではなくて、女だったような気が。。

ジプシー・キングスってアルル出身のジタン一家とモンペリエ出身のジタン一家の二家族でグループを作っているみたいですね。

2007年のジプシー・キングスツアー、8月は、アメリカ。
フランス公演は、7月21日のニース・ジャズフェスティバルだけだったようです。


〜続き〜
posted by マダム・エスカルゴ at 00:00 | パリ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
#container{ margin:0px auto 0px auto; width:800px; font-size:12px; }
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。