2007年02月22日

女性シェフ3つ星 2007年ミシュラン

large_346785.jpg  きのう、2月21日、2007年版ミシュランガイドブックが発売されました。そこで注目されたのは、2つ星から今年3つ星になった女性シェフ、アンヌ=ソフィー・ピックさん(Anne-Sophie Pic)37歳です。
  マダム・エスカルゴーは、動物愛から、ベジタリアン目指している?ので(^^)、今では、美食の世界とは縁遠いのですが、女性の快挙ということで、この話題を取り上げました。
  女性シェフでミシュラン3つ星を獲得したひとは、アンヌ=ソフィー・ピックさんを含めると4人です。さらに、1951年以来の獲得なので、なんと56年ぶりに女性シェフがミシュラン3つ星を獲得したことになります。
  
  アンヌ=ソフィー・ピックさんは、ドローム県ヴァランスにある創業1889年の「ラ・メゾン・ピック(La maison Pic)」の4代目シェフです。Relais & Châteaux加盟のホテル&レストランです。祖父、父、彼女と3代に渡ってミシュランの3つ星を獲得したのですよー!!!すごーい!
  それも、1992年にお父さんが亡くなると、「ラ・メゾン・ピック(La maison Pic)」は、ミシュランの星をすべて失います。ゼロからスタートして、15年かかって、ミシュラン3つ星を取り戻したんですよ。
    彼女のインタビューをゆうべのニュースで観ましたが、「父のためにやりました(がんばりました)!」と感慨無量!でしたね。お父さん思いの優秀な娘さんでした。男の子ひとりの母でもあります。小柄で細い女性です。魚料理が得意だと言っていました。
  テレビのニュースでは、あるジャーナリストが、アンヌ=ソフィー・ピックさんが3つ星シェフの中で最高のシェフだと絶賛していました。それを聞いたM夫が、「なに、それなら、絶対『ラ・メゾン・ピック(La maison Pic)』に食べに行きたい!今年中にお金を貯めて行くんだ!」と言い出しました(^_^.)
  彼は、お皿に盛られたフォアグラを見て、ヨダレを垂らさんばかりでした(苦笑)。。困ったもんだ (色々な意味で)。。行く時は、わたしは魚料理ですねぇ。。アンヌ=ソフィー・ピックさんは、魚料理が得意だそうなので!

魚料理のメニューはこちら

コース料理のお値段は、おひとりさま185ユーロ(3万円)
ワインなどの飲み物は入っていないので。。。
ひとり4万円から5万円くらいでしょうか。
こちらは、ホテルもあるので、遠方のかたはお泊りもできますよ。

Menu Actualités 185 €

L’AMUSE BOUCHE

LA COQUILLE SAINT-JACQUES DE LA BAIE DE ST-BRIEUC
noix marinées, anguille fumée, céleri et truffe noire

LES HUITRES SPECIALES GILLARDEAU N°3
compression d’agria aux algues, crème au raifort, caviar de hareng

LE FOIE DE CANARD DES LANDES
tranche épaisse rôtie, fines ravioles de betterave shiogga et crapaudine
jus aux épices douces

LE BAR DE LIGNE
meunière, oignons doux des Cévennes confits
coulant de caramel aux noix de pays, vin jaune

LA VOLAILLE DE BRESSE
suprême et cuisse rôtis au poêlon, pressé de légumes à la truffe noire

LES FROMAGES FRAIS ET AFFINES

LE COING ET LE GINGEMBRE
confits, fines feuilles pur beurre
sorbet vanille / gingembre

(ヴァランスは、ドロームの県庁所在地で、マダム・エスカルゴーも滞在許可証取得のため、何回か行ったことあります。ドロームの下半分は、プロヴァンスに入ります。)banner_02.gif

Relais & Châteauxの「メゾン・ピック」のページ

「メゾン・ピック」のWEBサイト

ヴァランス市観光局サイト

2007年ミシュランガイドブック3つ星レストラン(26軒)
※下のカッコ内は県の番号です。

Annecy / Veyrier-du-Lac (74) La Maison de Marc Veyrat
Baerenthal / Untermuhlthal (57) L'Arnsbourg
Cancale (35) Maisons de Bricourt
Chagny (71) Lameloise Nouveau
Eugénie-les-Bains (40) Les Prés d'Eugénie
Illhaeusern (68) Auberge de l'Ill
Joigny (89) La Côte St-Jacques
Laguiole (12) Bras
Lyon (69) Paul Bocuse
Monte-Carlo (MC) Le Louis XV-Alain Ducasse
Paris 1er Le Grand Véfour
Paris 1er le Meurice Nouveau
Paris 4e L'Ambroisie
Paris 7e Arpège
Paris 8e Alain Ducasse au Plaza Athénée
Paris 8e Ledoyen
Paris 8e Pierre Gagnaire
Paris 16e Astrance Nouveau
Paris 16e Pré Catelan Nouveau
Paris 17e Guy Savoy
Puymirol (47) Michel Trama
Roanne (42) Troisgros
Saint-Bonnet-le-Froid (43) Régis et Jacques Marcon
Saulieu (21) Le Relais Bernard Loiseau
Valence (26) Pic Nouveau
Vonnas (01) Georges Blanc

上記26軒の中で、新しく3つ星に加わったレストラン(5軒)
Les 5 Nouveaux 3 étoiles :
Chagny (71) Lameloise
Paris 1er (75) le Meurice
Paris 16e (75) Astrance
Paris 16e (75) Pré Catelan
Valence (26) Pic


banner_02.gif
posted by マダム・エスカルゴ at 03:10 | パリ ☁ | Comment(16) | フランスの食文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もニュースで見ました〜。
すごいですよね〜。これから女性もどんどん増えていくといいですね。
一人4〜5万?!高いけど、食べてみたい〜。すっごい贅沢な食事(^-^*)♪
フォアグラ〜〜〜。私も大好きです☆
Posted by Noriko at 2007年02月23日 07:38
私もニュースで見ました!素晴らしい快挙ですね。しかし、56年ぶりでしかも歴代4人目の女性...コンサンバティブな世界ですね、美食文化とは。
その昔、都内の某レストランで一人6万〜10万円位のフレンチを食べた事があります、接待して頂いていたのでラッキーでしたが、フランスにもそういうお値段があるんですね・・・今の私には向きません^^オーガニックお野菜の方が今の私には貴重です♪
Posted by noble at 2007年02月23日 14:17
Norikoさん、日本でもニュースでやったんですね。
とても贅沢ですねぇ。。
肉食やめたわたしには、別世界に見えます(笑)!


Posted by マダム・エスカルゴー at 2007年02月23日 14:46
nobleさん、コンサバティブで4人しかいないのじゃなくて、
過酷で長時間の肉体労働の世界+星を取りたいという強い欲望(笑)など
いろいろ持っていないと到達することができない世界なので、
女性に不利になってしまうのだと思います。
料理の腕では男性有名シェフより優れたひとはたくさんいるんでしょうけどねぇ。。
パリのレストランで野菜だけしか出さないところがミシュランの星を取ったと聞いたことがあります。
そこなら、本当に行ってみたいです。



Posted by マダム・エスカルゴー at 2007年02月23日 14:59
ピックおいしいし、なんだか楽しかったですよ、ごはん中。
いらした際にはぜひお声掛けくださいね。(お供はできませんが!)
Posted by lenlen at 2007年02月24日 01:35
なあるほど〜、昔軽〜く周りのフランス人に尋ねたら「男性の方が最終的には独創的な料理が出来るから??」的な回答が多かったので、てっきり保守的なだけかと・・・勉強になりました。
パリのベジタリアンレストランで三ツ星ってのは興味ありますね!ちょっと味わいたいです。
Posted by noble at 2007年02月24日 19:20
>lenlenさん、お久しぶりですねぇ!(^^)! 今里帰り中ですよね。
地元の美食家にはうれしいニュースでしょう。
こちらがご招待できるほどリッチじゃなくて残念です(^^ゞ


Posted by マダム・エスカルゴー at 2007年02月24日 19:59
>nobleさん、「独創性」に男女は関係ないと思いますが。。(^^)
パリのベジレストランは星3つじゃなかったと思います。
星は取りましたが、1つじゃなかったかなあ。。よくわかりません(^^ゞ
Posted by マダム・エスカルゴー at 2007年02月24日 20:03
Le Pic
辻静雄さんの伝記小説「美味礼賛」で
読んで以来憧れのレストランです。

いつか行ってみたいな☆

Posted by Satorit at 2007年02月25日 13:16
そうです、独創性や完成度に男女は関係ないです、私も勿論同感です。でも結構私の知るフランス人さんたちの中に(特に男性)は以外に平気で(日本だからかな?)そういう事言う人がいます・・・政治に女性は要らないとかも聞いたことあります・・・あと中には本当に外国人嫌いな"超フランス人"!みたいな人にもパリで会ったことがありビックリさせられました(焦りました)。ホント苦手です。
Posted by noble at 2007年02月25日 15:44
ええ、、、私も見て本当すごいなあと思いました。フランスでもこれからは女性が表に出てくるようになるんだろうなあと感じました。(今年は、大統領選挙でも女性が出馬しますし。、)日本に帰ってたときに見たTVでも女性企業家所得1000万円以上とゆうのがあって、今までの日本では考えられないなあと勇気ずけられました。皆さん生き生きしてました。思えばなんとなくエスカルゴさんに似てたような???感じが。
ところで、独身時代は、日本から修行に来ていた日本人のお友達がいたおかげで、結構食べ歩きをしていました。そして知り合った旦那 C夫(フランス人)もどちらかとゆうと美食家。その家族ももちろん。出来ることなら1泊泊まりで行ってみたいが、、、今では2人の子持ちなので、????
でも暖かくなったら、気分転換に旅行でも???
もう1つの3つ星レストラン ASTLANCE 4〜5前から話題になってて、ハーブの使い方といい、火の入れ加減といいなかなかのものでした。(その頃で、60〜80ユーロでした。懐かしいです。パリに来た時は、ぜひご賞味して欲しいですね。
Posted by aoi at 2007年02月25日 19:37
ご無沙汰しております。
仕事がチョット立て込んでいまして、
日記は拝見させていただいていたのですが、コメントできなくて申し訳ありません。

男性社会の用のシェフの世界で、
女性が評価されるのって喜ばしい
ことですね。これからもいろいろな
方もがんばって欲しいですね。

田舎暮らしだとなかなかレストランに
いけないのですが、一度はいって見たいです。
Posted by dell_pe2400 at 2007年02月25日 23:40
56年ぶりってすごい歴史ですね。
三ツ星レストラン、一度行きたいですが
「メゾンピック」って鉄道でパリから
行くとすればどうやって行けばよいのでしょうか?
Posted by ユキチパパ at 2007年02月26日 20:43
>Satoriさん、ヘェー、日本でLe Picのことを書いているひとがいたのですね!
先見の明あり!

>Nobleさん、男女の能力や外国人に偏見を持っている人は
国籍関係なくいるので、気にしないことですね。
あんまり不愉快に感じる発言が多いなら、近づかないことです(^_-)

>Aoiさん、どなたかと思ったら「ママン」さんだったのですね。
コメントありがとうございます。
大統領選に出馬中の女性は苦戦していますね。。
Astranceって4,5年前から話題になっていたのですか。
3つ星になるのに4,5年かかったってことですよね。
すごいですねぇ、この星の世界!

>dellさん、コメント義務じゃないので、気楽になさってください(^_-)
わたしの方では、コメント返しがなかなかできないのでね!
こういうレストランの味は芸術!なので、ぜひ一度行かれるといいですよ。

>ユキチパパさん、
Le PicがあるValenceはTGVが停まります。Lyonリヨンの次です。
リヨンの次がマルセイユというTGVもあるので、気をつけてください。
駅からは、タクシーで行けば、簡単です。
行かれるのですか! 感想聞かせてくださいね(^.^)
Posted by マダム・エスカルゴー at 2007年03月04日 12:50
フランスのレストランで3つ星レストランの女性シェフが誕生したのは、素晴らしい事だと思います。
イタリアでは、ダル・ぺスカトーレのナディア・サンティーニやソリゾのルイザさんなどのシェフがいます。
しかし、私はこのサイトを書いている方に水を差すようですが、去年ラムロワーズが3つ星を外され、今年復帰、
またソーリューのロワゾーがピストル自殺した後、前年3つ星をすべり落ちたコート・サン・ジャック、エスぺランスが3つ星の返り咲きましたが、ミシュランの採点そのものが、きわめてひどいものであると思います。
もし時間がありましたら私の書いた「ミシュランに騙されるな」というサイトを読んでください。
http://www.geocities.jp/joschuajp/index.htm
反対意見もあると思いますが、真実をついている面もあると思います。感想をお知らせ頂ければ幸いです。
Posted by 牧野宣彦 at 2007年03月05日 15:38
>牧野宣彦さま、
コメントありがとうございます。
元ミシュランの覆面審査員のミシュランの採点の暴露話がフランスでも出版されています。
わたしは、3つ星に行くことなど、めったにないので。。。あまり気にしていません(笑)。
1つ星に初めてなったところでも、行ったひとから、期待はずれだったという声は色々聞きますから。。
ミシュランの本だけに頼らず、もう1つのガイドブック『ゴーミヨー』と口コミもチェックした方がいいですね。
Posted by マダム・エスカルゴー at 2007年06月05日 05:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
#container{ margin:0px auto 0px auto; width:800px; font-size:12px; }
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。