2006年11月05日

フランス・ブルトンお隣のムッシューの犬 

Epagneul Breton2.jpg

フランス人のお気に入りの犬トップ10!!!で第7位に輝いた日本名「フランス・ブルトン」君。英名 Brittany Spaniel=ブリタニー・スパニエル、フランス名 レパニュール・ブルトン L'Epagneul Breton。フランスのケルト人の地、ブルターニュ地方原産の犬です(^^♪ 

このフランス・ブルトン君、日本では、まだほとんど知られていない犬です。従順で頭がよいので、猟犬ですが、家庭犬としも向いています。ただし、運動が大好きなので、たっぷりと運動させてあげる必要があります。最低、朝夕2回の運動〜散歩だけでは物足らないので、走らせることが必要。なんで、ジョッギングの共に良いかも!毎日ジョッギングしているひとにはお薦めのブリタニー・スパニエル!(^^)!

フランス・ブルトンは、世界最小のポインティング・ドックとして今では、世界中に知られています。

※ポインティング・ドッグとは、鳥の隠れた位置を独特の姿勢でハンターに教える犬のグループで、ポインター(指差す)種、セッター(伏せる)種に分かれます。


今朝、日曜日ですが、ちょっと買い物に出たら、お隣のムッシューが、犬の散歩から帰って来たところで、玄関でちょっと立ち話。

いつも気になっていた、このワンちゃんの種類。ついに今日は、聞けました。そしたら、なんと、先日、日曜日12時30分 3チャンネルでやっている "30 millions d'amis" 「トランテ・ミリオン・ダミ」という同名の動物愛護財団がやっているTV 番組に登場した犬で、フランスで人気7位の犬「フランス・ブルトン」でした。

嬉しい!ついに本物にご対面!スパニエル種だとは思っていたのですよ!でも、まさか、お隣さんの犬が「フランス・ブルトン」だとは、思いませんでした。このワンちゃん、わたしを見ると、いつも大興奮して、おおはしゃぎで飛びついてくるんです!(^^)! 女同士なんだけどね(笑) かわいい!でも・・・服がよだれで・・・(^^ゞ 

ムッシューは、30年パリに住んだのち退職されて、奥さまと南仏に移り住まれたとか。犬を飼うことは長年の夢だったそうです。パリでの夢を実現されて大満足のよう。ムッシューは、1日に3回も4回もお散歩に連れて行っています。幸せなワンちゃん。お隣の「フランス・ブルトン」は、4才半のメスです。

Epagneul Breton3.jpg

わたしが住んでいるアパルトマンの住人は、猫飼っているひとは、あんまりいなくて、ほとんどのひとが犬を飼っています。ラブラドールの大型犬を飼っているマダムもいます。

そのラブラドールは、年齢を聞いたら、確か18歳くらいでした。長生き!丸々と太って、とってもやさしいワンちゃん。マダムは、70歳くらいかな。。一人暮らしのよう。

日本は、玄関で靴を脱いで生活するので、お座敷犬以外は、庭のある一軒家でないと、犬を飼うことはむずかしいですよね。ペット禁止のところだらけだし!こっちは、小さなアパルトマンでも犬飼っているひとがたくさんいます。

マダム・エスカルゴーの夢も犬を飼うことですが。。一軒家に住んでからですねぇ。。うちには猫ちゃんが2匹もいるので。。猫ちゃんもお外が好きなので、我が家専用の庭が欲しい!

ところで、わたしが住んでいるアパルトマンの建物のまわりや、町の歩道は、犬のフンがすごいです。南仏の青空を気持ちよく眺めながら、歩いていたら........グシャ!(>_<) 

大変なことになりますぞ!ご注意遊ばせ!南仏に遊びに来られるあなた!


目指せ、20位以内です(^_-)-☆
人気blogランキングへ ←クリックお願いします♪ ありがとう!(^^)! 


??agneul Breton1.jpg


「フランス・ブルトン」L'Épagneul Breton 日本語のファンサイト


20061105-1.JPG本日の南仏の秋の青空!
タグ:犬 イヌ 
posted by マダム・エスカルゴ at 23:16 | パリ 🌁 | フランスで動物愛  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
#container{ margin:0px auto 0px auto; width:800px; font-size:12px; }
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。