2006年06月28日

フランス 飼い主を救ったネコ!

今朝は、うちのお猫さま(イギリス猫の方)の鳴き声で5時ごろ起こされました(*_*) 
異様に鳴くので。。何事かと思ったら、 

えさがなかった^_^; 


ごめんねぇ。。猫ちゃんは、夜型だから、深夜から朝にかけてよく食べるんです。
ゆうべあんまりえさを入れておかなかった。

そして、9時ごろまた異様に鳴く!えぇ加減にしろ!と怒りまくりのわたし!

今度は、浴槽の蛇口から

熱いお湯が出ていて

お水
が飲めなかった。


うちのお猫さまは、お皿に入れた水は飲まないで、

浴槽の蛇口から滴る新鮮なお水

お好みなんです(苦笑)。


すみません、熱湯出て飲めなくて、喉が渇いていたなんて知りませんでした。


フランスの北の方の話です。

飼い猫が

耳元で

異様に

鳴くんで


爆睡からやっと目が覚めたあるシングルマザー。



なんとその時、家の中は、

煙モウモウ、

火の海


なっていたんです。



危機一髪で、別の部屋の

赤ん坊
を連れ出して、

命拾いした


というインタビューを
見ました。

鳴いて飼い主に必死で異常を知らせたその猫は、

燃えあとから

遺体で見つかった
そうです(T_T) 


合掌!


その猫ちゃんのために、彼女は、自宅の庭の一角に

お墓を作ってあげていました。

ウルウルしちゃいますねぇ。。

飼い猫が自分の命と引き換えに

飼主とその子供を助けたお話でした。


その話を聞いた隣のひとが、ネコ嫌いだったんですが、
感動して?猫を飼い始めたそうです!


※うちのイギリス猫は、わたしが寝坊しないように毎朝、
早朝に鳴いて起こしてくれます(^.^)
おまけに、番犬のかわりもしてくれて、
知らない人が、玄関に近づいてくると、玄関まで行って、
キッとドアをにらんでうなるんです(笑)!



タグ:ネコ 火事
posted by マダム・エスカルゴ at 21:50 | パリ | フランスで動物愛  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
#container{ margin:0px auto 0px auto; width:800px; font-size:12px; }
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。