2006年06月18日

牛の涙!が教えてくれたこと

おとといから、納豆とキムチ、焼き海苔のお陰で肉らしきものを口にしたのは、薄切りのハム1枚ぐらい。そして、今日になってすごいことに気付いた。

それは、眠くない、

身体が軽い!ということ。

実はゆうべはの就寝はなんと午前4時近く。そして起きたのは、猫にまず5時半頃起こされ、ちゃんと起きたのは、8時頃。初めはちょっと眠かったのだが、起きてみるとどうってことない。普通は、こんなに寝なかったら、お昼を食べたあとに、お腹満腹、フ〜ってなことで、ソファでこっくりこっくりしてしまうのだ!今は、ワールドカップを観ながらだけど(笑)

ところが全然眠くない。居眠り不要!元気!身体が軽い! 驚き。。ずっと忘れていたよ、この感覚。

実は、ずっと以前に、わたしは、肉も魚も食べないベジタリアンだったことがある。3年くらい。

3年経って、身体が動物性たんぱく質を欲するようになったので、鶏肉だけ食べていた。

そして、相棒に出会って、すべての肉を食べるようになったのだ。。そのせいで、体重の増加⇒20キロ!キャ〜!

わたしが子供の頃は、肉というものは、ほとんど口にしなかった。なぜなら、海に囲まれた田舎に住んでいたので、魚の方が安くて、新鮮でおいしかったからだ。加えて、母が肉が嫌いなひと。わが家の食卓には、肉は出ても鶏肉がちょろっと野菜の煮付けに入っているくらいだった(笑)。

わたしの子供の頃のタンパク源は、魚と卵。牛乳と言うものは、小学校にあがるまで飲んだことがなかったし(給食)、チーズだって、ずっと、中学生くらいまで食べたことがなかった。なぜなら、これまた母が乳製品が嫌いで(笑)。。

だけど、わたしは遺伝的な要因と、小魚を骨ごと食べさせられたので、わりと長身。大女(おおおんな)とわたしの母などに言われる。。(笑)。失礼しちゃう!

アメリカに行った時は、あら、ここではわたしより背が高い人がいっぱいいて、平均的な身長!目立たなくてうれしい!と思ったものだけど、フランス人は、特に女性はなぜか申し合わせたように小柄で。。あ〜、また目立ってしまってイヤだ!

わたしがずっと前に3年間ベジタリアンだったというのは、無理してベジタリアンになったのでは決してないのです。

とっても不思議なことが起こって、自然に、まずは肉を食べなくなり、それから魚も食べられなくなったのです。本当に野菜と玄米食と納豆をおいしく毎日食べていました。

たぶん、そうすることで、3年間かけて、身体を浄化していたのかもしれないと思います。浄化が終わったので、また肉が食べたくなったのかと。

ルドルフ・シュタイナーというドイツの神智学者の食べ物に関する本があって、当時読んだんだけど。。人間は、肉を食べなくても、自分の身体の中で、たんぱく質を生成することができるとあった。だから肉は不要と書いてあった。

それなのに、外から、肉というたんぱく質を身体に取り込むとその機能が衰えるし、異質のたんぱく質が身体に入ることによって、人間の身体は、その異質のたんぱく質を分解するのに時間とエネルギーをたくさん使わなければいけないそう。

よって、肉を食べると、肉のたんぱく質を分解するために、身体は必死で働くから、疲れるというものだった。


わたしの身体が軽いというのも、このシュタイナーの理論を裏付けていると思う。

人間の身体にとっては、野菜や穀類を分解し吸収することの方が単純で楽なことなのだそうだ。

スイス人とインターネットで知り合い結婚してスイスに住んでいるKoalalaさんの楽天日記に、残酷な食肉用家畜の屠殺シーンをビデオで観てから、肉が口にできなくなったと書いてあった。Koalalaさんは、肉を食べなくなって、非常に健康になって、風邪ひとつひかなくなったということだ。Koalalaさんの説明によると、家畜のえさは、薬漬けなのだそうだ。それは早く成長させるため。つまり肉を食べることでわたしたちは、間接的に、その薬を体内に取り入れていることになる。ガンが増えていることも関係があるとのこと。

それから、Koalalaさんは、やっぱり動物が大好きで、こんなに愛くるしいのに、屠殺してその死体を食べるということがだんだんできなくなったのだそう。

牛は、

自分が殺される前には、

涙を流す


と書いてあった。


わたしはそれを読んで号泣した。

牛のあの大きくて美しい目。

その目から涙が流れるのだ。。



それって4,5日前の話。その時は、まさか自分が肉を食べないようにしようなどと決心するとは思っていなかった。

わたしに今1番必要なことなのかもしれない。だから、目に見えない存在の計らいか何かで、急に、日本食材店に行けることになって、とんとんと肉を食べない方向にすべてが急展開したのかもしれない。


それから、シュタイナーは 砂糖のことにも触れていた。砂糖というものは、肉と同じで人間の身体には不要なのだそうだ。なぜなら、肉と同じで、人間は自分で砂糖を体内に生成することができるからだそう。

砂糖については、わたしは敏感で、特に白砂糖に関しては、取ると、口の中に潰瘍がすぐにできるので、コーヒーはブラックで飲んでいるし、甘いものは、あまり欲さない。ケーキなどの甘いものをたくさん食べると具合が悪くなることもある(苦笑)。

わたしは今、グルメの国、食の大国フランスに住んでいる。ここで、肉を食べないというのは、とてもむずかしいこと。だけどひとりで食事をする朝や昼は自分で食べるものを選べるので、肉ではなくて、野菜や卵、魚を食べようと思う。外食の場合も肉は避けて魚を選ぼう。こうして、少しずつ食のスタイルを変えて行きたい。

わたしが肉を食べなくなったことがどれだけ家畜の屠殺をやめさせることに貢献するかは疑問だけど、ひとりでも多くのひとが参加するということが大切だし、わたしのこの決意というものは、わたしの霊的な成長という観点から見たらきっとすごいことなんだと思う。

とにかくわたしたちは、自分の人生で何を食べるか自分で選べる環境にこれを読んでいる人は住んでいるということだ。自分で選べるなら、自分の身体が喜ぶことをわたしは選ぶことにした。そのことにようやく気付いたというわけ。

おまけに動物はすべて好きで、深い愛を感じるのに、矛盾を感じながらも、肉を食べつづけることはできない。肉をやめることは、時間の問題だったのかもしれない。



posted by マダム・エスカルゴ at 04:06 | パリ | フランスで動物愛  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
#container{ margin:0px auto 0px auto; width:800px; font-size:12px; }
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。