2009年08月25日

サン・ジェルマン・アン・レイのお城

RER(Saint-Germain-en-Laye)の駅を出たら目の前にそびえているサン・ジェルマン・アン・レイ城。大きくてりっぱな城ですよ。

そもそも、最初の城がこの地にできたのは1122年ルイ4世の時代でした。その後ルイ11世によって1230年代に拡張されました。城の中には、ルイ11世のためのサン・ルイ礼拝堂(ゴシック建築)があります。

パリ郊外 Saint-Germain-en-Laye サン・ジェルマン・アン・レイ城

1346年、城はイングランドのエドワード黒太子に跡形もなく焼き払われますが、ゴシック建築のサン・ルイ礼拝堂は免れます。1360年代にフランス王シャルル5世により同じ場所に城が再建されます。

1539年、フランソワ1世により城の改築が行なわれます。サン・ジェルマン・アン・レイ城で生まれたフランソワ1世の息子アンリ2世(1519−1559)は、新しい城(Chateau-Neuf de Saint-Germain-en-Laye シャトー・ヌフ)をすぐそばに建てます。

パリ郊外 Saint-Germain-en-Laye サン・ジェルマン・アン・レイの城

1638年、太陽王ルイ14世がサン・ジェルマン・アン・レイ城で生まれます。父はルイ13世。母は王妃アンヌ・ドートリッシュです。

ルイ14世が好んだのは、新しい城(シャトー・ヌフ)ではなく、古い城(シャトー・ヴュー)のほうでした。ルイ14世は、シャトー・ヌフを捨てたので、1660年代に解体されました。残っていなくて残念です。

ルイ14世はヴェルサイユ宮殿に移るまでサン・ジェルマン・アン・レイ城に住んでいました。

イングランド王ジェームズ2世がカトリック教徒であったことから名誉革命が起き、ジェームズ2世は王位を追われ、フランスに亡命しました。ルイ14世の好意でサン・ジェルマン・アン・レイ城を譲られ(1688年)、没するまでの13年間をこの城で過ごしました(67才)。遺体はそばのサン・ジェルマン教会に埋葬されています。娘のルイザ・マリア・テレザ・スチュアートはこの城で生まれましたが、この城で19歳で亡くなり、パリの聖ベネディクト教会に埋葬されています。ジェームス2世の子孫たちは、フランス革命の時までこの城に住み、1793年に城を去りました。

パリ郊外 Saint-Germain-en-Laye サン・ジェルマン・アン・レイの城

19世紀に入ると、ナポレオン1世がこの城に騎馬隊将校訓練校を設置します。1862年、ナポレオン3世は、城の修復をし、1867年城は「国立古代遺物博物館 Musée des Antiquités Nationales 」になります。

1919年9月10日、サン・ジェルマン・アン・レイ条約(サン・ジェルマン条約)がこの城で結ばれました。サン・ジェルマン・アン・レイ条約とは、第一次世界大戦の終結後、連合国側とオーストリアの間で結ばれた条約です。

1940年から1944年、ドイツ軍によるフランス支配下では、サン・ジェルマン・アン・レイ城にドイツ軍司令部が置かれました。

2005年博物館は「国立考古学博物館 Musée d'Archéologie Nationale」と名前を変え、旧石器時代(200万年前)からメロヴィング朝(481年 - 751年)までの遺物が展示されています。メロヴィング朝とは、フランク族(西ゲルマン人)が築いたフランク王国の最初の王朝のことです。

パリ郊外 Saint-Germain-en-Laye サン・ジェルマン・アン・レイの城
posted by マダム・エスカルゴ at 06:14 | パリ ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | パリ郊外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
#container{ margin:0px auto 0px auto; width:800px; font-size:12px; }
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。