2009年08月15日

パリ セーヌ川の風景

パリ、8月というのに曇って涼しすぎ。
水のある街の風景ってステキ。

パリ セーヌ川
パリのセーヌ河岸はユネスコ世界遺産に登録されています。
現在のパリの街並みは19世紀に造られています。
オスマン男爵という当時の政治家が大胆に改造しました。

パリ セーヌ川
バトー・ムーシュ( Bateaux Mouche)。
パリの観光客向け遊覧船。
ムーシュとはフランス語で虫のハエ。
この船のムーシュは、船が造られた
リヨンのムーシュ地区にちなんで
名付けられたそうです。

IMG_5703.JPG
セーヌ川にかかる橋はどれも歴史の重みを感じる。

posted by マダム・エスカルゴ at 12:00 | パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | パリ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
#container{ margin:0px auto 0px auto; width:800px; font-size:12px; }
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。