2015年01月08日

ルーブル美術館 無料で楽しんだ 2015年新春 第一日曜日

ルーブル美術館に先月の無料日に引き続き、年明けて、再度訪れる。今回は風邪で臥せってしまった夫を置いて、パリの友人K子と二人だけ。冷たい妻かもしれない・・・しかし、家に一日中こもっているのも気詰まりだし、風邪うつされたくないし。

常設展は通常12ユーロが無料。特別展は有料で13ユーロ、18歳未満は無料、地下2階ナポレオンホールにて。

CIMG2142.JPG

10月から3月までの半年間、第一日曜日、フランスの国立美術館・博物館は無料。

先月、12月の第一日曜日、久々にルーブル美術館訪問。9時の開館ぎりぎりに着いたが、地下入り口だったので、並ばずするすると入れた。すぐにモナリザ目指す。朝一番だったので、まだ人だかりが少なく、ロープの一番前で小さなモナリザの絵を鑑賞でき、おまけにモナリザ背景で、記念撮影もできた。

今回は、インフォメーションで、常設展のお勧めを聞く。新設の中世、ルネサンス、17・19世紀工芸品とのこと。前回観たと思ったが、他に特に観たいものがなかったので行く。途中でやっぱりここ来たと思い出すが、前回見落としたものもあり、やはり感動。豪華絢爛な工芸品、何度観てもステキ。満足。

9時から12時まで、ルーブル・リシュリュー翼2階を満喫。半地階のカフェで持参のフルーツを食べる。サンペリグリノを買ったら、50ccが3.40ユーロ、500円くらいした。

3時間で充分なルーブル美術館。外の行列が1キロメートル以上続いていたので、午後から混んだことでしょう。その前にさっさと観てチュイレリー公園に行ったのは正解。

CIMG2135.JPG

ルーブル美術館の入り口は全部で4箇所ある。なぜ、ほとんどの人は一番混む、地上階ピラミッドの中央入り口から入ろうとするのか。不思議。パリ1月初めの寒い屋外で1時間から2時間も入場を待つなんて・・・

日本だったら、マイクロホンを持った警備員が空いている入り口に誘導する。ルーブルの責任者は行列の人に無慈悲なのか。入り口の位置は美術館見取り図にきちんと記載されているって!?確かにごもっとも。でもこの地図、入場しないともらえないんですけど^^;
posted by マダム・エスカルゴ at 07:09 | パリ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | パリ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
#container{ margin:0px auto 0px auto; width:800px; font-size:12px; }
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。