2006年10月30日

フランス映画グランプリ

oss117f.jpg

第19回東京国際映画祭(2006年10月21-29日)
東京都渋谷区のBunkamuraで行われ
コンペティション部門の最優秀作品賞
「東京サクラグランプリ」(賞金10万ドル)は


フランス

ミシェル・ハザナビシウス監督の

Flimfestival.jpg


「OSS117 カイロ、

  スパイの巣窟」



OSS 117 Le Caire Nid d'Espion
 
↑ こちら公式サイト
クリックすると
即!フランス語でビデオが見られます!!!


oss117.jpg

が受賞しました。

フレンチコメディーの傑作!

痛快スパイ映画。

フランス国内大ヒット作品。



キザと皮肉と荒唐無稽な展開がフレンチ喜劇の復活を印象づける。

1950年〜60年代に映画化され、今でもコアなファンをもつ「OSS」シリーズの新作「カイロ、スパイの巣窟」。

人気俳優ジャン・デュジャルダンが派手好きの色男スパイを演じて
国内大ヒットを記録。低迷するフランス映画界を一気に活気づけた。

1955年のエジプトに潜入したOSS117は
消息を絶った親友の鶏舎を引き継ぐ一方、
スエズ運河の利権をめぐりさまざまな勢力が入り乱れる
カイロで事件を解決していく。


監督:ミシェル・ハザナビシウス 
出演:ジャン・デュジャルダン ベルニース・ブジョ 
(2006年仏)100分


東京国際映画祭公式サイト


この記事を見るまで、フランスでヒットした映画だった
とは知りませんでした(・・?

灯台元暗し! 

地元映画館ではやらなかったような。。(^^ゞ

目指せ、20位以内です(^_-)-☆
人気blogランキングへ ←クリックお願いします♪ ありがとう!(^^)! 


posted by マダム・エスカルゴ at 21:06 | パリ | フランスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

マルセイユ 詩の心 旅の心

marseille2.JPG
マルセイユの海

マルセイユで


泳ぐひとあり


秋麗(あきうらら)





泳ぐ君(きみ)


ひとり眺める


秋の海



マダム・エスカルゴー



これは、先日、お誕生日祝いに行った波打ち際にあるレストランの窓から、すぐ近くを泳いでいるひとがいたので写真におさめて、
「マルセイユでお食事♪」に料理と一緒にブログに掲載。
 ↑↑↑
このマルセイユの海で泳ぐ男性の写真はこちら。かなり下のほうにあります。

ゆうべ、句が思い浮かんだ、というわけ。


「フランスで俳句に目覚めたわけ」で紹介した
高橋信之氏がとても深いことを言っておられるので、ここに記します。

「現代人は、芭蕉や山頭火のように、現実の旅に出るのではなく、日常生活を確実に生きながら旅の心(詩の心)を持つことが大切ですね。詩の心を高く持ちながら、平凡な日常生活を確実に生きることです。」


人生哲学ですね。。

さすが、愛媛大学名誉教授になられた方のお言葉!重みがあります(^^)


「平凡な日常生活を確実に生きることです」

なんか、ずしりと来たマダム・エスカルゴー(・・?

特に、この「確実に」
というところ!

襟(えり)を思わず正してしまいました(^^ゞ


で、なぜか、ゴミ箱をきれいに洗ってすっきりしたマダム・エスカルゴーです(爆)


手抜き主婦 お掃除励む 秋うらら

お粗末さまでした(*^_^*)


目指せ、20位以内です(^_-)-☆
人気blogランキングへ ←クリックお願いします♪ ありがとう!(^^)! 



posted by マダム・エスカルゴ at 21:07 | パリ 🌁 | 南仏俳句 短歌 川柳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

マルセイユ〜魚料理のレストラン♪

l'epuisette1b.JPG
アペリティフ(食前酒)
キール2種、
わたしは、カシスにシャンパン(手前)
Mは、カシスに白ワイン(奥)。


神無月は、わたしのお誕生日の月。
きのう、数日遅れで、お誕生日のお祝いに、
Mとマルセイユのレストランに
お昼を食べに行って来ました。⇒海外blogランキングへ
続きを読む
posted by マダム・エスカルゴ at 05:10 | パリ | フランスの食文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

フランスで俳句に目覚めたわけ

maison.JPG

南仏に住んで、俳句に目覚めてしまった変わり者マダム・エスカルゴー!

それはどうして?

それは、今年の夏が暑すぎたからじゃい!

それで、頭がいかれて、脳みその回路が誤作動・・

いつもと違うところにつながったからです!(笑)



ジョーダン!

実は、セミの鳴き声のせい!

南仏には、他のヨーロッパ地域にはいないセミが生息。

おまけにうちのそばに松林があって、そこに夏には、いっぱいセミがいた!

ミーンミーンとうるさいことといったら。。夜中の1時とかになっても鳴いておりましたぞ!真っ暗な中、求愛のソプラノ!

でも、あんな夜中に大声出していたセミ男は、
もしかして、セミ女があらーん、
「アンタいい男じゃねぇ!」

と1匹も寄ってこなかったかわいそうな(+_+)ヤツなのかも?

それであせって、夜中まで鳴いておったとか(~o~)


そのセミを題材に「セミの恋!」というブログを書いていたとき、
ふと、松尾芭蕉の名句を思い出したのです。確か、高校の国語の時間にやったのです(^^)

古池や蛙飛びこむ水の音
(ふるいけやかわずとびこむみずのおと)


あっ、ちがった、ちがった、「かわず」じゃなくて、セミでした。

閑さや岩にしみ入蝉の声
(しずかさやいわにしみいるせみのこえ)


これです!

芭蕉は、セミがミンミンと激しく鳴いているのに、「しずかさや」と言っています。
ここに、芭蕉の深い透徹した心境を見ることができます。

まさにこの時、芭蕉は、禅の境地にいたようにも感じられます。

禅の悟りの境地です。

この芭蕉の境地、この名句からあなたに迫って来ませんか。

こんなに短い17字の句の中で、これだけの深さを表現している。

もちろん、松尾芭蕉だから、これだけの句をつくることができたのですが、この俳句のすごさ、深さ、広がり、境地。。あまりにも感動!

暑かったので、頭もヒートして感動しやすかったのかも(笑)

松尾芭蕉って1600年代のひと。

1644年生まれ、1694年没。

フランスでは、太陽王ルイ14世が1643年に在位。

イギリスでは、清教徒革命が1642年に起こり1660年に王政復古(スチュアート朝)

その300年余り前に詠んだ芭蕉の句が南仏在住のマダム・エスカルゴーの心に感動を!!!

そして、なにげに、川柳のつもりで、松尾芭蕉にまねて、わたしも句を作ってみたのです。

南仏や赤松揺らす蝉の声
(なんふつやあかまつゆらすせみのこえ)


まったく芭蕉のような深み、すごみはありません(笑)

南仏のセミのパワーは出てますよね。。なんて!

だけど、勝手に自己満足!

生まれつき、おめでたいひとなので(爆)
 ↑
母いわく

なんでもいい風に解釈!

「いや〜ん、われながら、すごいわん」
なんて、悦に入っちゃって(^^ゞホホホ!


その後、インターネットで、俳句のサイトを色々見つけて、眺めるうちに、季語のうつくしさにうっとり!

読むのではなく、眺めたのです。。なにせ、情報量がすごいので、頭がついて行かず、ただボーと眺めておりました。。キャー(^_-)

そういえば、わたしは、実は、国語が一番得意で好きだった!ということを思い出しました。

なんだか、うれしくなっちゃって。。

日本語の美しさと言葉の芸術、文学の真髄に触れたように感じました。

最近は、フランス語に染まりつつある秋の日!
なので日本語忘れそー!


ジョーク! 


母国語なんで、忘れんワイ!(^^)!


数日前、母から電話で、母の従兄が、山口市のカルチャーセンターで、俳句の講師をしていると聞きびっくり!伯父さま、ぜひご指導を!

おまけに、母も若い頃には、俳句を作っていたんだそう!

へぇー、これって血筋なんですかね!とちょっと思ったわたし。。

でもでも、父方の祖母は、短歌を詠んでいたのです。
それも、ちゃんと短冊に筆でさらさらっと墨書きまでして。。

母とも話したんだけど、短歌より俳句が好きだということで、母もわたしも意見が一致!というか、好みが一致でした。

理由は、短い中にすべての要素−心境、視覚、聴覚、味覚などが凝縮されている。。などなど

こういう、好みの一致は、母とわたしとの間では、とても珍しいこと。
なにせ、われわれ二人は、色々とことごとく食い違っておりますので・・(笑)

ところで高橋信之氏という方がいます。
愛媛大学名誉教授で、NPO法人水煙ネットという俳句のネットを主宰している方です。

この高橋信之氏によれば「俳句は短歌の発展したもの」ということです。
なるほどー、とうなづいたわたしです(^_-)


それで、さらに驚いたことには、わたしの生まれ故郷、山口県には、ものすごく有名な俳人がいるんです。

その話は次回・・・


秋空に

雲駆け小鳥

身をすぼむ



 ↑↑ 本日(月)の南仏の空もようでした。

マダム・エスカルゴー

目指せ、20位以内です(^_-)-☆
人気blogランキングへ ←クリックお願いします♪ ありがとう!(^^)! 


posted by マダム・エスカルゴ at 00:24 | パリ ☁ | 南仏俳句 短歌 川柳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

コスモスの花畑

コスモスや 

風にゆらゆら 

はしゃいでる



マダム・エスカルゴー

猫組さんの撮られた見事なコスモスの花畑を観て、詠んだ句。

猫組さんとは、猫つながりです♪ 
うちの愛ちゃんのお誕生日の記事をトラックバックさせてもらったのが縁です(^^♪


秋桜と漢字では書くんですよね。

キク科の植物です。

原産地はメキシコの高原地帯。
18世紀末にスペインマドリードの植物園に送られ、
コスモスと名づけられたそうです。
日本には明治20年頃に渡来したとか。

こちら南仏のご近所でもコスモスらしき姿を
見かけましたが、まだ花開いてません。

花言葉は「少女の純真」なんですって!

なんかうなづけますね。

チョコレートコスモス Cosmos atrosanguineusという
コスモスがあるそうです。

なんと、チョコレートの香がするそうです。
日本へは、大正時代に入って来たそうです。

大正時代のひとでチョコレートの香を知っていたひとは、
・・・いたのかな???

Cosmos-atrosanguineus1.jpgチョコレートコスモス

チョコレートの香が漂って来たら、チョコレートが食べたくなっちゃうかも。

それとも、チョコレートの香で、チョコレートを食べた気になっちゃうか!

チョコレート・コスモスの花畑ってすごい匂いでしょうね(笑)

気分がハイ!になることまちがいなしです(^_-)

チョコレートって気分を高揚させる作用があるそうです。


宮崎県に300万本のコスモスが咲き乱れている西都原(さいとばる)というところがあるそうです。

西都原のコスモスは最も可憐な赤・白・ピンク三色のコスモスだけだそうです。

ここは、西都原古墳群(さいとばる古墳群)としても有名なんですね。

行かれたことがある方、いらっしゃいますか。

日本にもたくさん、いいところ、歴史的が深い場所がありますね。

ゆらゆらと

コスモスはしゃぐ 

子らの声



マダム・エスカルゴー

目指せ、20位以内です(^_-)-☆
人気blogランキングへ ←クリックお願いします♪ ありがとう!(^^)! 


posted by マダム・エスカルゴ at 05:46 | パリ ☁ | 南仏俳句 短歌 川柳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

シラク・フランス大統領のワイン

夕べのニュースで観たんです、これ!
早速日本でも話題になっています(~o~)

あまりにフランス的な話!
さすが美食の国の市長さん!
市の財政の使い方に高級ワインの購入!
こんなこと許されていたのか、フランス!
右派の政治家ってこんなもん(・・?

まるで
太陽王ルイ14世や
愛人に政治をやらせたルイ15世
フランス革命で首をちょん切られたルイ16世など
ぜいたくざんまい
豪華けんらん王侯生活のミニチュア版か(笑)!

Louis%20XIV.jpg

パリ市長の時代に、シラクさん、1回の夕食会で
(超高級ワイン)シャトー・ぺトリュス10本を出し、
計2万5000ユーロ(370万円)もかけていたそう。


いったいどういうひとが招かれたのか。。
いったい誰の胃袋に流れ込んだのか?
この超高級ワインを飲んだ人いったい誰なの?
そっちも知りたいよ!


ワインにこれだけお金を使うということは、料理もすごかったんでしょうね。

グルメのひとが聞いたら
よだれ たらたらタラコちゃん。。
まるでテール・ナーヴのワンちゃんのようになっちまうかも(笑)
 ↓ 
Terre Neuve1.jpg

いまや、市長が左派、社会党に変わって接待の簡素化へ!

売って得たお金、1億2000万円を有効に市民のために使ってほしいです。

これだけぜいたくをしたシラクさんは、首をちょん切られることなく(笑)、1995年フランス大統領の座へ!

来年2007年は、フランス大統領選挙。シラクさん、任期満了までなんと12年も大統領やったのね。

可笑しいのが、シラク大統領の犬の名前!

なんと 「スモウ」!

大の相撲好きらしいです!(^^)!



最高級品、86年のロマネ・コンティ2本を、5000ユーロ(74万円)で落札したのは、英ワイン商ステファン・ウィリアムズ氏。

なんと、同じワインが、現在6800ユーロ(106万円)なんですって。

本人、「もうけもの」と言っていますよ。ほんとにすごい儲けじゃないの!


イギリスって、今でもしっかり階級社会だから、ワイン飲むのは、だいたいミドルクラス以上。ワーキングクラスのひとは、やっぱりビールです。

こういう高級ワインを飲むひとは、イギリスでは、アッパーミドルクラス以上でしょう。

若い人には、ウォッカのカクテルがイギリスでは人気ですよね。

イギリスにいた頃、イギリス人のアルコール消費量に驚いたマダム・エスカルゴーでした(笑)。

アングロサクソン族は、アルコールに強いんですね(^_-)

anglo saxon.jpg

目指せ、20位以内です(^_-)-☆
登録ジャンルを変えたんで、今、40位くらいです。
人気blogランキングへ ←クリックお願いします♪ ありがとう!(^^)! 



パリ市秘蔵ワインを競売・シラク大統領ら収集 

【パリ21日共同】パリ市は20日、美食家として知られるシラク現大統領ら歴代のパリ市長が収集した高級ワインのコレクションを競売にかけ、1986年のロマネ・コンティが5000ユーロ(約75万円)で落札された。フランス公共ラジオなどが伝えた。

 競売は21日までの2日間。パリ市は所蔵ワインの約4分の三に当たる4960本を放出し、約80万ユーロ(約1億2000万円)の収益を見込んでいる。

 愛好家垂ぜんのワインは、1977年にパリ市長となったシラク氏や後継のティベリ前市長が収集。右派市政に終止符を打ち、2001年に就任した社会党のドラノエ現市長は応接方法の簡素化を掲げ、競売に出すことを決めた。

 20日の競売には、フランス国内はもとよりロシアや米国、アジア各国から愛好家や取引業者が集まった。 (17:11)

フランス:シラク大統領の市長時代のワイン競売 パリ 

【パリ福井聡】パリ市は20日から2日間の日程で、保守のシラク仏大統領の市長時代(77〜95年)などに集められたワインを競売にかけた。高級品から普及品まで計4960本で、売り上げ見込み額は55万ユーロ(8200万円)。左派・社会党のドラノエ現市長は「宝の持ち腐れ」のワインを“換金”し、売り上げを市財政に充てる方針だ。

 最高級品は86年のロマネ・コンティ2本で、5000ユーロ(74万円)で落札された。落札者の英ワイン商ステファン・ウィリアムズ氏は「同じワインに現在6800ユーロの値が付いており、もうけもの」と話した。競売にはロシア、米国、中国、日本などの愛好家や取引業者が殺到した。

 パリ市の担当者は「1回の夕食会で(超高級ワイン)シャトー・ぺトリュス10本を出し、計2万5000ユーロ(370万円)もかけるのはあまりにぜいたくすぎる」とシラク時代を批判。一方、シラク時代からの市職員は「世界の食文化の中心としてのパリにとってワインを手放すのは惜しい。シラク氏は客のもてなし方にたけていた」と昔日の栄華を懐かしんだ。

毎日新聞 2006年10月21日 18時41分 (最終更新時間 10月21日 18時42分)


目指せ、20位以内です(^_-)-☆
登録ジャンルを変えたんで、今、40位くらいです。
人気blogランキングへ ←クリックお願いします♪ ありがとう!(^^)! 


ange1.JPG
posted by マダム・エスカルゴ at 00:41 | パリ ☁ | フランスの食文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

天使とつながる♪

santon1.JPG

先日のブログ「フランス全面禁煙におもう」に書いたんですけど、

※ひとの寿命についてマダム・エスカルゴーが思うこと!

・ひとは、生まれた時に、だいたいの死ぬ運命の日が決まっている!
・その運命の日は、実は、生まれる前に、自分が決めた!
・生まれた時は、自分が決めたこと、この世を去る日のことは
 すっかり忘れてしまうようになっている。

と書きましたけれど、

祈りは、この運命の日を変えることができるそうです。

10月5日に書いたブログ「祈りの力」との関係?

ひとは、この世を去る日を自分でだいたい決めて生まれて来ていると言われています。
中間世というところがあって、俗にいうあの世のことなんですけど、そこで、自分のガイド(指導霊)と話し合った上で決めるらしいです。

さらに、一生のテーマやそのテーマに沿っただいたいのあらすじ、シナリオも決めるそうです。

生まれ変わる時って、シナリオライターもやるのねん!(^^)!

例えば、ある過去世で、人を殺してしまったような場合、その償いをするというか、その過去世とのバランスを取るために、ヒーラーや霊能者として特殊な能力を持って生まれて来て、ひとに尽くす一生を送ったりとか、

若くして、または、子供の時に、病気になったり、事故にあったりして、この世を去ることになり、遺された者の悲しみを知り、遺して来たことへの罪悪感や、心配などを経験するそうです。

こういうのをカルマといいます。


だけど、祈りの力というものは、強くて、このシナリオを変えることができるのだそうです。

ということは、本当は、若くして死ぬことになっていても、それが嫌なら、真剣に祈れば、長生きできるということです。カルマを超えることができるのです。

ドリーン・バーチュー博士は、人間は、カルマを経験しなくていいのだけれど、人間の強い信念体系がカルマをつくりだし、体験するようにしているとおっしゃっていました。

カルマを体験しないようにする。。。とてもむずかいしように感じますが。。

カルマから自由になるには、天使とつながることだそうです♪
ドリーン・バーチュー博士は、天使は、信じている人にも、信じない人にも、だれにでも、ついている!とおしゃっています。

あなたは、信じますか。。

マダム・エスカルゴーは、実は。。。
まだ、天使を見たことがないので。。
でも、瞑想中にはっきりと見ました(^.^)
イギリスにいた時にグループでした瞑想ですけど。
だから、信じている!にしておきます。

angel.JPG

↑ 17世紀の教会の木彫りの天使たち (4人います)

イギリスにいた時、夜11時過ぎにやっていたBBC のテレビ番組で、天使を見たイギリス人、数人の実話、体験談をやっていました。
クリスマスに近いある日のことでした。

天使を肉眼で?見た人ばかりです。天使は、5メートルくらいあって大きくて、見たら、ものすごい安心感と愛に満たされた、とみんな同じようなことを言っていました。

見た人の状況は、それぞれ違います。全員の語り方がとっても静かで穏やかだったのが印象的でした。

わたしが、瞑想中見た天使も5メートルくらいありました。
天使は3人いました。白い衣を着ていて、やっぱり白い羽がありました(^.^)何か特別な感動があったような気がしますが、くわしいことは忘れました(^^ゞ

天使がいることを信じることで、自分の人生が前向きになり、愛に満ちたものになるのなら、否定するより、受け入れた方がいいかなと思いますが、どうですか。

天使は、神の使い、神のメッセンジャーなので、祈ったりお願いするのは、神(あるいは至高の愛)です。天使は、もっとわたしたちに身近な存在です。

イルカは、人間と同じ、この三次元の存在ですが、イルカの意識は、天使と同じ高い次元にあるといわれています。

よって、天使は、イルカのように愛に満ちていてフレンドリーだけどわたしたち、普通の人間の目には、見えない存在だと思えばいいのかもしれません。

「天使は、崇拝されたり『神格化』されたりすることを望みません。天使は、神が賛美されることを願っています。私たちは天使に祈るのではなく、天使に助けを求め、天使と対話するだけなのです。」
と、ドリーンさんもおしゃっています。

天使とは、時にコンサルタント、時にレスキュータ隊長、時に茶のみ友達???茶は飲まないか(笑)

なるほどね、今からわたしも、うちの猫ちゃんたちだけでなく、天使さんにもお話することにしましょう(^_-)-☆


目指せ、50位以内です(^_-)-☆
人気blogランキングへ ←クリックお願いします♪ ありがとう!(^^)! 

flower1.JPG
posted by マダム・エスカルゴ at 06:54 | パリ | フランスでスピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

フランス全面禁煙におもう

Martigues1.JPG南仏マルセイユ近郊マルティーグ


えっー、フランスが公共の場で全面禁煙か!と驚いたのが、2,3日前!そしたら、日本でも話題になっていますね。

わたしは、大のタバコの煙嫌いですが・・

カフェやバーで禁煙というのは。。。
カフェやバーって、煙草吸うとこじゃないの?コーヒーやお酒を飲みながら、タバコを吸う!それがカフェやバーの機能のような。

タバコの煙もお酒も 苦手なわたしは、特にバーには、Mと一緒じゃないと行きませんけどね。

実は、Mがタバコ吸うんだけど、うちの中では吸いません。喫煙場所は、ベランダです。

一時、身体の調子が悪くなった時には、医者からも言われて禁煙する気になっていたMですが、回復したとたん、そんな決意はどこの話???
みたいなって、また、スパスパ吸っています。

彼の両親も、息子の喫煙には、大反対!なのに、吸うのよね<`〜´>

Mがタバコを吸い始めたのは、なんと29才ですよ!普通は、その年齢では、もうタバコをやめているのでは?(笑)ティーンエージャーで吸い始めたひとは、特に!

おまけに フランスで、タバコは、めちゃくちゃ高いです。Mが吸う、マルボロロングなんて5ユーロ10サンチームもします。これは、今のレートで、765円です。競馬に注ぎ込むよりもいいですが。。(^^ゞ

つい1週間前に、M両親の古いつきあいのB氏が肺ガンで亡くなりました70歳くらい。彼は、ヘビースモーカーでしたね。具合が悪くなって、病院で手術!という時には、もう手遅れだったそうです。

ヘビースモーカーでもピンピンして、長生きしているひともいれば、B氏のように、ガンになって死んでしまうひともいる。不思議といえば、不思議です。

マダム・エスカルゴーの父方の祖父は、94歳で亡くなりましたが、
ヘビースモーカーだったそうです。80歳くらいで喫煙は、やめたそうですが。若い頃は、肺結核もやったそうです。なのに、天寿を全うして、亡くなりました。孫のわたしがタバコ吸えないというのは、母方の遺伝か!


※ひとの寿命についてマダム・エスカルゴーが思うこと!

・ひとは、生まれた時に、だいたいの死ぬ運命の日が決まっている!
・その運命の日は、実は、生まれる前に、自分が決めた!
・生まれた時は、自分が決めたこと、この世を去る日のことは
 すっかり忘れてしまうようになっている。

あなたはどう思いますか。
 

マダム・エスカルゴーは、紙巻タバコの煙も匂いも大嫌いなんですが、なぜか、葉巻とパイプタバコの甘い香りは、大好きなんです。
不思議!

以前勤めていた、イギリス系の会社に、パイプタバコをくゆらせるステキな上司(日本人)がいました。その方は、顧問だったので、毎日は会社にはいらっしゃいませんでしたが、いらっしゃると、そのパイプタバコから醸し出される甘い、誘惑的な香りで すぐわかりました(^.^)

普通のタバコの匂いは嫌いなんで、Mに、葉巻かパイプ煙草に変えて欲しい!と頼んだことがありました。でもね、Mは、葉巻もパイプ煙草も嫌いなんですって(+_+)

それなら、マルボロじゃなくて、ゴロワーズ (GAULOISES) にしてくれと言ったら、ゴロワーズは強すぎて、吸えないとのこと!

へぇー、そんなもんかい! わたしは煙草吸わないから、わからないけど、吸う人でも、強すぎて吸えないとかあるんですか!

日本でいえば、なんなんでしょう。
「しんせい」とか?
「ピース」?
どちらも両切りタバコといってフィルターなし。
「わかば」?
「ホープ」?
これらは、昔からある日本のタバコですが、強いんでしょうね。

ゴロワーズというのは、フランスに昔からある煙草です。戦争中は、フランスの軍隊で支給されていたそうです。ゴロワーズとは、フランス人を指します。

★ローマの皇帝シーザーが「ガリア戦記」を著しています。
今から2000年くらい前の話です。
ガリアというのは、今のフランスのことで、ガリア人というのは、ガリアに住むケルト人のことです。ガリア人のことをフランス語でゴロワーズというのです。

フランスは、のちにフランク族に支配されますが、元祖は、ケルト系のゴロワーズの国であったことからフランスでは、なにかにつけて、このゴロワーズが登場します。★

なんで、ゴロワーズかというと、わたしはこの紙巻タバコの匂いだけは、好きで、大丈夫なんです!

ゴダールの映画なんかで吸っているようです。

このタバコの香りは、パイプ煙草に似て、香ばしくて優雅で甘いんです。どうも、葉っぱが違うようですね。ブラック葉というのを使っているようです。

なんでも、普通の紙巻タバコというのは、添加物いっぱいの
つまり薬漬けという話です。だから、わざわざ無添加タバコというのを製造して売っているくらいですよ。

もしかして、タバコでガンになるというのは、この薬のせいかもしれません。なんちゃって!!!(^.^)

もうひとつ、ジタン (GITANES) というタバコもありますが、これは、ルパン3世愛飲のタバコだそうですね。

ジタンってフランス語でジプシーのこと。労働者のタバコってとこなのかしら。。こちらもブラック葉だそうです。ゴロワーズとジタンの違いは???


カフェやバーが全面禁煙になったら、入り浸ってしまうかもしれない!!!そんな予感がするマダム・エスカルゴーです。入り浸って何をするか。。人間観察??? フランス人観察??? 

いえいえ、読書ですよー!
バーで、日本のお笑い小説などを読んで、ケラケラ笑い転げたりして!(^^)!そこのマダム、静かにしてください!なんて言われるかも(^_^.)

禁煙によって、バーの雰囲気もこれまでの紫煙に包まれてちょっとよどんだ影のある空気から、明るいものに変わるかもしれませんね。

やっぱり全面禁煙っていいことなのかも。。(^^♪

どうしてもバーで吸いたいひとのために、会員制のバーをつくるというのはどうでしょうか。会費は、無料!登録だけ!表には、喫煙者のみの会員制バーと看板をかかげておけば法的には、なんら問題がないのでは。。

会費が無料というのが、法的に問題なら、年会費5ユーロくらいもらって、それで、ドリンク一杯分無料にすればいい。

などと、色々想像をめぐらしてしまうマダム・エスカルゴーでした。

人気blogランキングへ ←クリックお願いします♪ ありがとう!(^^)! 
なんと今、みなさまのクリックのお陰で、
120位くらいのところにいます。。
目指せ、100位以内です(^_-)-☆


以下、 CNN.co.jp & Yahoo!ニュースから引用


フランス 2008年1月から全面禁煙


ドビルパン仏首相は8日、来年2月1日から全国の公共の場での禁煙を実施すると発表した。
鉄道駅、空港も対象。

ただし、カフェ、バー、レストランなどは11カ月間の猶予が与えられ、
全面禁煙は08年1月1日からとなる。


 国民の強い反発も予想されており、来年に予定される大統領選前の「駆け込み実施」の色彩が強い。バー、たばこ販売店やレストラン経営者は既に、抵抗の構えを示している。

 首相は、仏国内で喫煙関連の疾病で推定6万人が死亡。間接喫煙により毎年5000人が死亡しているとのデータを挙げ、「この現状は健康面からまったく受け入れられない」と述べた。

フランスは伝統的に喫煙に寛容な社会で、91年の分煙法施行後も
カフェやレストランでの分煙実施はあいまいだった。

しかし、アイルランド、イタリア、スコットランドが相次いで全面禁煙を導入、
仏も欧州全体の流れに沿う形となった。

 違反喫煙者には罰金75ユーロ(約1万1250円)、
施設の責任者には150ユーロ(同2万2500円)が科せられる。

例外として「密閉された喫煙室」を設ける店舗では喫煙が認められるが、
設置できる店舗は全体の3%に過ぎないとみられる。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

人気blogランキングへ ←クリックお願いします♪ ありがとう!(^^)! 
なんと今、みなさまのクリックのお陰で、
120位くらいのところにいます。。
目指せ、100位以内です(^_-)-☆
posted by マダム・エスカルゴ at 02:15 | パリ ☁ | フランスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

恋捨てて!

eglise.JPG南仏の教会


恋すてゝ妻にかへりし人の秋


宮野小提灯(みやのこちょうちん)



最近、俳句に目覚めてしまったマダム・エスカルゴーです。

日本じゃなくて、外国暮らしをしていて、俳句に目覚めるというのも変ですが。。(~o~)

この句をインターネットで見つけて、感動!

深いです。なんか、じーんとしちゃった。。(*^_^*)

この凝縮された五七五の中に、大きく、深〜い世界が広がっているところがすごいです。

上の俳句、別に自分のことをダブって見ているわけではありません(笑)。
人妻の恋!というヤツは、まだしていませんよ(^_-)
オーランド・ブルーム狂いはありますが(爆)


「俳句(はいく)とは、和歌、俳諧など日本の詩歌の伝統をひきついで成立した日本独特の短い詩である。

五七五の音数による言葉の調べ(韻律)「季語」と「切れ」によって、短い詩でありながら心のなかの場景(心象)を大きくひろげることができる特徴を持っている。

もともとは俳諧の発句からはじまり、江戸末期の月並俳句を批判した正岡子規の俳句近代化以後は、発句が俳句として自立した。」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


この「季語」がいいです!

美しく、深く、味わいのある日本のことば。


例えば、9月の季語:

花野(はなの)

「花」は、春の季語で桜を指し、「花野」というのは、秋を指す。秋晴のもとに咲き乱れる千草の野のことだそう。


稲妻(いなづま)

稲妻は、稲の夫(つま)の意で、「いなつるび」とも言われる。

雷のぴかっとした光が稲を照らし出すたび、稲が穂をはらむと昔は、信じられていたので、こう呼ばれるようになったとか(^.^)


柳散る(やなぎちる)

柳は、他の落葉樹よりも早くに散りはじめるので、秋を知らせるしるしの一つとなっている。


俳句の特徴

「1.五・七・五の韻律で詠まれる定形詩である。
 2.たいてい季語が入る。
 3.一か所、必ず「切れ」がある。
 4.余韻を残す。 」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


宮野小提灯というひとは、1895(明治28)年、盛岡生まれ。1974年逝去。

「小提灯」の俳号は、“俳壇(はいだん)の提灯持ち、俳句のお先棒というような(中略)少なくとも俳壇の路を弱いながらも照らしたい”
という気持ちからつけたと語っている。

小提灯の句風は、郷土色が豊かで、時には大胆な俗語を取り入れる
ユーモアがあると言われている。

また故郷盛岡に住みつづけ、岩手俳壇(はいだん)の重鎮として多くの後進を指導した。



恋すてゝ妻にかへりし人の秋


宮野小提灯(みやのこちょうちん)


この句の解釈は、ここでしないほうがいいですね。
みなさん、それぞれお好きなように、味わってみてください。


人気blogランキングへ ←クリックお願いします♪ ありがとう!(^^)! 
今、200位くらいのところにいます。。
目指せ、100位以内です(^_-)-☆
タグ:
posted by マダム・エスカルゴ at 09:23 | パリ | 南仏俳句 短歌 川柳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

フランス人のお気に入りのイヌ

フランスで人気の犬トップテン!

Le top 10 des chiens ル・トップ・ディス・デ・シヤン

きのう、日曜日に観た"30 millions d'amis"
「トランテ・ミリオン・ダミ」
というTV 番組によると


REX君が1位だって!!!!


ハハハ、ジョーダン!


1位 ジャーマンシェパード

Berger allemand.jpg


2位 ゴールデン・レトリバー

le Golden Retriever,.jpg


3位 ラブラドール


Labrador.jpg



4位からは こちらをご覧ください!フランス語の勉強にもなります(^_-)

Mちゃんも子供の頃に、ジャーマンシェパードを飼っていたそうです。
名前が ユキ! だったんですって!
でも、事故で死んじゃったそう(ーー;)

こういうの見ると、わたしも犬が欲しくなってしまいます。

犬なら、なんでもいいです(笑)
みんなカワイイ!

犬の

やさしい瞳に

見つめられたい!!!(^_-)-☆




ワンちゃん、


わたしを


散歩に


連れってって!(^^)!




ホホホ!

人気blogランキングへ ←クリックお願いします♪ ありがとう!(^^)!

タグ:イヌ
posted by マダム・エスカルゴ at 23:35 | パリ | フランスで動物愛  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

フランス イヌの救助隊!

Terre Neuve1.jpg
テール・ナーブ Terre Neuve =ニューファンドランド犬

フランスでは、日曜日、お昼の12時50分から、France3(フランス・トワ)で、
「トランテ・ミリオン・ダミ」(直訳は3千万の友という意味ですが、すべての動物を指す)

"30 millions d'amis"
という30分くらいの番組があります。

ジャン・ピエール ウタン(Jean-Pierre Hutin)という動物愛護家のジャーナリストが1976年にすべての動物に捧げる番組としてスタートしました。

「トランテ・ミリオン・ダミ」"30 millions d'amis"公式WEBサイト

わたしは、動物が大好きなので、この番組を最近見つけて、毎週、観るようになりました。

この番組の中には、だいたい3つくらいのトピックが毎回あります。
今日は、そのうちのひとつ、溺れる人間を助ける犬の話があり、とても感動したので、紹介します。

Terre Neuve2.jpg

この水難救助・補助犬は、

ニューファンドランド犬

という種類の犬で、
カナダのニューファンドランド島が原産地?とされています。

フランス語では、ニューファンドランド島の犬なので、

Terre Neuve テールナーヴと呼ばれています。

写真の犬です。もともとは、黒い毛並みの犬ですが、茶色やグレー、白と黒のまだらなどいます。

日本では、「ニューファ」という愛称で呼ばれているようです。

なぜ水難救助に、セントバーナード犬ではなくて、ニューファンドランド犬かというと、

なんと、足には、水かき用のまくがあって、

泳ぎが上手
なのですよ!驚き!

それと、筋力があって、力持ちなので、重いものを泳ぎながら引っ張ることができるのです。

だから、ニューファンドランド島では、この犬は、漁師のお手伝いをしていたそうです。

そして、性格は、やさしくて、穏やか、そして利口。

まさに、水難救助にぴったりな犬なのです。

詳しくは、こちらWikipediaのニューファンドランド犬のところを見てください。

カナダでは、今でも海難救助犬として活躍しているようです。

※犬の役割は、人間の救助隊員の補助ということになっていますが、
「補助」というのでは、ちょっとかわいそうです。人間と犬のチームと言ったほうがいいと思います。

なぜかというと、人間の救助隊員にとって、もし犬が力を貸してくれなければ、安全に、溺れかけているひとを助けることができないからです。

「溺れるもの 藁(わら)をも つかむ」と言われます。
溺れそうになってアップアップしているひとのところに近寄ると必死につかまってくるので、こちらの動きも取れなくなり、重みとがんじがらめでこっちも沈んでしまう運命にあったりするのだそうです(苦笑)

なので、人が犬につかまって冷静さを取り戻したら、体勢を整えて、人間の救助隊員が、水難者が水を飲まないように仰向けにして、力持ちの犬にひっぱってもらって、船や岸まで連れて行くのです。


chien hero.jpg 救助隊員を引っ張って岸に向かって泳ぐニューファンドランド犬(テール・ナーブ)


☆プリンセス

というメスのテール・ナーブのお話です。

2001年、フランス北東部、ナフシャトー(ロレーヌ地方)というところで大洪水がありました。

その時、

水に飲み込まれたひとたち

180人余りを

このプリンセスが救ったのです。




別の救助犬のテール・ナーヴの話です。

溺れているひとの救助に向かいましたが、時すでに遅し。残念ながら、そのひとの命は救えませんでした。

そのテール・ナーヴは、

一晩中、

悲しそうに

鳴き続けていた


そうです。



じーん!なんて、やさしい犬なんでしょう(;_;知らないひとが亡くなったのに一晩中悲しむなんて。


この犬は自分の使命

−救助犬としての自覚
があるんですねぇ。。




犬の愛ってすごい!



無私なところがあるんですね!






とっても感動したマダム・エスカルゴーでした!(^.^)



※どうか、自分のペットを捨てたり、虐待しないでください。フランスにもそういうひとは、たくさんいます。

ストラスブールの施設だけでも160匹の捨て猫が保護されていて、新しい家族を待っているそうです。

地球上から、すべての動物の虐待、殺戮、屠殺が1日も早く消滅することを祈ります。

犬を1日中くさりでつないで、散歩に連れて行かないのも、虐待ですよ!!!

人気ブログキングに参加しています。応援クリックお願いします

ここまで読んでくれてありがとう(^^♪
あなたにたくさんの良いことが訪れますように!

タグ:イヌ
posted by マダム・エスカルゴ at 23:31 | パリ | フランスで動物愛  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

マルセイユの奇跡〜祈りの力2

provence.JPG南仏プロヴァンスの並木道

奇跡的に生還したニューヨークの消防士たちの実話を再現した
映画 『ワールド・トレード・センター』が巷では 話題になっていますが、奇跡の生還というところで、共通点がある、 祈りがもたらした奇跡の話、実話第2弾です。

突然、思い出したので、書きます。

これは、第二次大戦中、ドイツ軍占領下の南フランスの港町マルセイユでMの母方の祖父母に本当に起きた話です。


1942年11月、ドイツはフランス全土を占領しました。

そして、フランスにもゲシュタボ(ドイツの秘密警察)の登場です。


詳しくはこちら ↓↓↓ wikipedより引用

「ゲシュタポは、国家保安本部の一部局となり、

ハインリッヒ・ミュラーが局長に任命された。

第二次世界大戦中に、ゲシュタポは約45,000人に膨張した。

かれらは、ドイツ本国ならびにヨーロッパ占領地域における

レジスタンスの弾圧、スパイ摘発、ユダヤ人の狩り立て、

反ヒトラー陰謀の捜査等に対して厳格な取扱いを行い、

ヒトラードイツの暴力装置の代名詞として

ヨーロッパ中を震え上がらせた。」


Mのお祖父ちゃんは、当時マルセイユの港で働いていました。船に燃料や食料を供給する会社だったそうです。

どうしたことか、その職場にゲシュタポがある日やって来て、お祖父ちゃんを含めて、何人かをしょっ引いて行ったのです。スパイかレジスタンスの疑いをかけられたのでしょうか。

ゲシュタポに連れて行かれると、拷問にかけられた挙句、よほどのコネに加えてお金がない限り、処刑されたり、収容所に送られたりして、2度と帰ることができない運命にあったようです。

コネもお金もなかったお祖母ちゃんは、マルセイユの家の近くの小さな教会に行き、教会の中の聖母マリアさまの像に向かって毎朝、祈ったそうです。愛する夫を一日も早く、無事に返してくれるようと。

お祖母ちゃんは、コルシカ島の出身なので、特に、信心深かったので、祈りの力を知っていたようです。

お祖母ちゃんは、毎朝毎朝、教会に行き、マリア様に祈りました。


そうして、それは、


7日目の朝


のことでした。


お祖母ちゃんがマリア様に祈りを捧げ終わってマリアさまの像を見上げた時、不思議なことが起こりました。




マリアさまの像が、


おばあちゃんに向かって


おじぎをしたそうです。






マリア様の像は、
ゆっくりと からだをおばあちゃんの方に傾け、
そして、
また、ゆっくりと、
からだをもとの位置まで戻したそうです。




それは、あたかも、


わたしは、


あなたの祈りを


受け取りましたよ!



と言っているようでした。






そして、


おばあちゃんの祈りは、


本当に


聞き入れられたのです!









その夜、


なんと


お祖父ちゃんが


帰って来たのでした。





その職場のひとで、


無事に帰って来たのは、


おじいちゃんだけだったそうです。







わたしは、このお話をおばあちゃんの存命中に本人から直接聞きました。

フランス語がほとんどわからない時に聞いたのですが、このおばあちゃんの奇跡のお話は、ちゃんとわかったのです。不思議でしょう。

最近、MママやMママの妹にも確認したところ、わたしがおばあちゃんから聞いて理解したことと少しも違っていませんでした。

ということで、みなさん、祈りの力を活用しましょうね。

お祈りする対象は、自分が信じているもの−聖母マリアさま、観音さま、インドの聖者、八百万の神々など、なんでもいいのです。

本当に、自分でこれだ!と思ったものなら、なんでもいいのですよ。

信仰している宗教や宗派がなくてもいいのです。わたしはありません。

わたしの場合、大宇宙の至高の愛みたいなものに向かって祈っています。クリスチャンだったら、これをキリストの愛と呼んでいると思います。

無条件の愛!というやつです。これをしてくれたら、愛してあげる!
あなたの祈りを叶えてあげる、というような、けち臭い、条件付の愛ではありません。母親が赤ちゃんに抱くような愛!です。


純粋な気持ちで、お祈りしましょう。


祈りを叶えてもらうために、何かお返しを約束したり、犠牲にしたりする必要は、なにもありません。

無条件の愛には、なにも必要ないのです。ただ、お願いすれば、叶えられます。心の深いところから祈ってください。


無条件の愛は、あふれて枯れることがない泉のようなものです。みなさんが、その泉の水を飲んでくれるのをいつも待っています。

なにせ、この奇跡の愛の泉の存在を知っている人は、現在ではあまりいないからです。


追伸:フランス語がほとんどわからない時に聞いて、おばあちゃんの言っていることがどうして理解できたんだろうって、記憶をたどってみました。。

そういえば、お祖母ちゃんのお話を聞いている時、教会でマリア像の前で祈っているお祖母ちゃんの姿が映像のように見えたんですよね。

これって、マリアさまが 見かねて(笑) わたしに助け舟を送ってくださったのかもしれません!

人気ブログキングに参加しています。応援クリックお願いします。
タグ:奇跡
posted by マダム・エスカルゴ at 20:45 | パリ ☁ | フランスでスピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

祈りの力!

40%sardin.JPG

晴天! 今日はやっと南仏らしい、スカッとした快晴のお天気です。

きのうまでの1週間くらいは、湿度80%くらいで、ジトジト!
蒸し暑くて。。汗ばむほど! 気温は 昼間は26℃くらいでした。

今日は、祈りがもたらした劇的癒し!!!

実話です!
なんてことをお話します。

こういうことマユツバと思っているひともいると思いますが、
人間、なすすべもない時、せっぱ詰った時、自然に祈りますよね!

なに、あなたは祈らないの?

祈らないひとは(つまり、こういうことは信じていないひと)何か大変なことが起こった時、過度な緊張や不安で疲れきってしまい、その結果、病気になっちゃうか、希望を失って、最悪、自殺 (^_^.)とか、ウツになっちゃったり。。または、攻撃的になって、大暴れしたり!自暴自棄!なあんてことになるかもしれません!

それとも、そんなすごい状況に陥ったことがなくて、だから、祈ることとは無縁だった!

今まで非常事態におちいったことがないあなたは幸せもんよ!
でもね、人生、何が起こるかわからない!しかし、この「祈り!」という秘密兵器を持っていれば大丈夫!

実は、先週、Mママが突然、激しい腹痛で入院!
Mママは、数年前、やっぱり激しい突然の腹痛に襲われて入院し、腸を何センチも切った手術をしています。その時は、腸粘着および腸ねん転を起こしていたようです。

Mがその夜、病室に電話。痛み止めの注射で、激痛からは解放されていましが、Mママは、疲れきったガラガラの か細い声でしゃべるのも面倒!といわんばかりでした。それって、そう、日曜日のこと。月曜日には手術!ということで、Mは、パパと立ち会う段取りを。。

その夜、心配で意気消沈しているMをみて、わたしの心にピカッ!とひらめいたことが!!!

それが 「祈り」です!


時は、2004年のイギリス・ケント州カンタベリーにさかのぼります。

その年の春、カンタベリーにある ウォーター・ストーン Water Stone という書店の招きで、

ドリーン・バーチュー博士

Doreen Virtue Ph.D.


新しい本のプロモーションのためにやって来ました。

前年の講演会には、都合で行けず、悔しい思いをしたわたしですが、この時は、早くにチケットを入手、前の方の席でお話を聞きました。

ドリーンさんの前半のお話は、

「祈りの力」のすごさ!についてでした。

ドリーンさんというのは、幼少のころから、天使とお話できる不思議な能力を持つひとでした。ある事件がきっかけで、天使からのメッセージを伝えることになり、それを本や、ワークショップ、新聞、テレビなどを通して、おこなっています。

以下は、オフィシャルサイトからの引用です。

「ドリーン・バーチューは、大学で心理カウンセリングを専攻し、B.A、M.A、学術博士号の三つの学位を取得しました。

ドリーンは、メタフィジシャン(形而上学者)の家系の四代目であり、生まれながらの透視能力者です。

アメリカ在住。自らも臨死体験時に天使に遭遇する。天使、妖精、マスターの領域に通じた心理学者として人気を博し、世界各国でワークショップを開催している。」


ドリーンバーチューさん 日本語公式WEBサイト

ドリーンさんのお父さんは、趣味に生きた人で、稼ぎというものがありませんでした。それで、ドリーンさんのお母さんが、わずかな謝礼でヒーリングをして一家を支えていました。

お母さんの稼ぎはわずかだったので、食べていくだけで精一杯だったのだそうです。

だから、車が故障したり、洗濯機が故障したりした時には、修理をするお金もありませんでした。また、ドリーンさんの学校でお金が必要になった時にも、そんなお金はどこにもありませんでした。

そういう時、ドリーンさんのお母さんは、いつもすぐさま、祈ったそうです。

ドリーンさんのお母さんも、ドリーンさんのような不思議な力を持ったひとだったので、祈りがかなえられることを知っていたのです。

すると、どうでしょう。本当に、故障した車も、洗濯機も、修理しないで、直ってしまったそうです。

それに、必要な額の現金がぴったり何らかの形でバーチュー家にやって来たのだそうです。



「祈り」をささげる時のドリーンさんのアドバイスは、

クリアな気持ちで祈ること!

つまり、単純にシンプルに真摯な気持ちで、
必要なものだけをお願いすればいいということだと思います。



Mがあんまりにも心配して今にも泣きそうなので、すぐさま、「祈る」ことを勧めました。Mのママなので、Mがお祈りする方が一番祈りの力が強いと思ったのです。もちろん、わたしも祈りましたよ。

Mは、ふつうのひとなので(笑)、あまり、祈りとか、奇跡とか、
ヒーリングとかの力は、信じていません。

だけど、あの時、なすすべもなく、苦痛に苦しんでいる母親にMができることは。。。。祈ることだと納得したようでした。

彼は、祈り、その祈りは、叶えられました。

翌日、Mママの容態は、奇跡的に良くなったそうです。そして、火曜日、昨日には、退院して、今は自宅で静養中!

みなさん、祈りの力はすごいですよ!

祈る時に、この願いが叶えられたら、これこれのことを見返りにしますとか、そういう、ギブアンドテイク、あるいは、何かを捧げるような、犠牲的な行為は全く不要です。

ただ、祈る=お願い(あるいは要求か)するだけです。
なぜなら、至高(しこう)の力は、ただ「愛」だけの存在なので、ギブしかない=与えることしかないからです。


人間のように、何かをしてあげたから、その見返りを求める!というようなせせこましい存在ではないのです(笑)。わかりますか?


※実は、去年、Mママの洗濯機をわたしが壊してしまい、
この祈りを活用したところ、奇跡としか思えないのですが、直りました。

許容量以上に、洗濯物を入れて洗ったら、重すぎて、モーターに異常な負担をかけてしまったようで、なんと、煙がもうもうと出て、止まってしまったのです。洗濯物を半分に減らしてみましたが、全く動かず!ガーン!なんとかしなきゃ!うーん、どうしたらいいんだ!

そうだ、祈るんだ!ということで、その場で、一生懸命お祈り!
3回目にお祈りした時、洗濯機は、なにごともなかったように動き出して。。。ホ〜!

Mママにも見つからなかったし、よかったっちゃ!(^^ゞ

みなさんも、洗濯機にジーンズなどの重いものを詰めすぎないように注意してくださいね。ホホホ!(^_-)-☆
タグ:癒し
posted by マダム・エスカルゴ at 01:24 | パリ ☀ | フランスでスピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

フランス競馬の馬券買っちゃった!

images.jpgDeep Impact

さっき、こちら、フランス時間の4時半ごろ、近所のバーで馬券を売っているところに行って、一番安く、3ユーロで、馬券買って来ました。
単勝馬券というやつです。フランス語では、Simple サンプルです。

馬券なんてもんを買ったのは、生まれて初めてです。
競馬をTVといえども観たのも初めて!

ディープインパクトのひい祖母さんは、なんとエリザベス女王所有の馬なんですって!!!
驚きざんす!(^^)! 華麗なる一族なんですね、ディープインパクトのファミリーは!


以下、出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

出自

父サンデーサイレンスは日本競馬史上に残る種牡馬。
母ウインドインハーヘアは独G1のアラルポカルに優勝し、エプソムオークスでも2着に入った。

半姉に、2003年にデビューから無傷の5連勝を飾り、6戦目のスプリンターズステークス4着を最後に引退したレディブロンド(父シーキングザゴールド)、全兄に2004年のスプリングステークスを制したブラックタイド、全弟に2005年の東京スポーツ杯2歳ステークス3着のオンファイア。

曾祖母ハイクレア(Highclere)は、エリザベス女王が所有し、
1000ギニー、ディアヌ賞を勝ちキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス2着の名牝だった。

この一族からは1989年のエプソムダービーなどを制したナシュワン、
2002年のドバイシーマクラシックなどに勝ったネイエフ、
2003年のNHKマイルカップなどを制したウインクリューガー、
2006年のマーメイドステークスを制したソリッドプラチナムがいる。

北海道早来町(現在の安平町)のノーザンファームで生まれたディープインパクトは0歳時にセレクトセールに上場され、全兄ブラックタイドと同じ馬主である金子真人に7000万円で落札された。

馬体の薄さが嫌われてか上場されたサンデーサイレンスの産駒14頭のうち9番目の落札価格だった。この時、金子はその毛色と瞳の輝きに衝撃を受け購入を決めたという。また多くの人々に強い衝撃を与える馬になって欲しいと思いを込め「ディープインパクト」と名付けた。

凱旋門賞のオフィシャルサイトはこちらです。

7レース目、フランス時間17時35分に走りますよ、DEEP IMPACT!
今からレースが始まるので、これにて失礼!!!
あとで追記します!


''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''

レース終わりました!


ディープインパクト 3位!!!

残念!
最初は、先頭を走っていたのに追い越されました!

優勝の凱旋門賞は、

5番のレールリンク RAIL LINK

イギリスの馬、3才馬。
騎手は、ステファン・パスケ S PASQUIER

2位は、4番のプライド PRIDE 6才馬。

オフィシャルサイト

1位の馬の騎手、ステファン・パスケの体重は、オフィシャルサイトによると、56キロ。2位のプライドに騎乗したルメールの体重は58キロ。ディープインパクトに騎乗した武豊さんの体重は、59.5キロ。1位の騎手より、3.5キロも重いですね。

騎手の体重の差も関係あるのでしょうか。最後のほうで、ディープインパクト追い抜かれてしまいましたからね。。

うーん、騎手が重くて疲れたとか。。(・・?
なんか可哀想!

人気blogランキングへ
posted by マダム・エスカルゴ at 05:30 | パリ ☁ | フランスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
#container{ margin:0px auto 0px auto; width:800px; font-size:12px; }
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。